【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

「眼精疲労」とは?その原因と症状、改善策を徹底解説!~目の疲れを放置すると全身に悪影響!?~

「最近、目が疲れやすい」「目がかすむ」「目が乾く」…

そんな悩みを抱えている方はいませんか?

それは「眼精疲労」かもしれません。

現代社会において、パソコンやスマートフォンなどのデジタルデバイスの使用は欠かせないものとなっています。

しかし、これらのデバイスを長時間使用することで、目の疲れを感じやすくなる「眼精疲労」に悩まされる人が増えています。

この記事では、眼精疲労の原因や症状、そして自分でできる対処法から専門家による治療まで、詳しく解説していきます。

眼精疲労に悩んでいる方はもちろん、今後眼精疲労を予防したい方も、ぜひ最後まで読んでみてください。

眼精疲労とは?

眼精疲労とは、目の使い過ぎによって起こる目の疲れや不快感を総称したものです。

医学的な診断名ではありませんが、目の疲れだけでなく、肩こりや頭痛、吐き気などの全身症状を伴うこともあります。

眼精疲労のメカニズム:一体何が起きているの?

眼精疲労は、目のピント調節を行う毛様体筋や、目の動きをコントロールする外眼筋などの筋肉が、長時間緊張することで起こります。

例えば、パソコンやスマートフォンを長時間見続けると、これらの筋肉が酷使され、疲れや痛みを感じやすくなります。

また、ドライアイや近視、乱視などの視力の問題も、眼精疲労の原因となることがあります。

眼精疲労の原因は?

眼精疲労の原因は、大きく分けて以下の3つに分類されます。

目の使い過ぎ

  • パソコンやスマートフォンの長時間使用: デジタルデバイスの画面を長時間見続けることは、目の筋肉に大きな負担をかけます。
  • 細かい作業: 読書や手芸、細かい文字を書く作業などは、目を酷使し、眼精疲労を引き起こしやすくなります。
  • 暗い場所での作業: 暗い場所では、瞳孔が開き、ピント調節機能が低下するため、目が疲れやすくなります。
  • 不適切な照明: 明るすぎる照明やちらつきのある照明は、目を刺激し、眼精疲労の原因となります。
  • 長時間の運転: 運転中は、常に遠くを見て集中するため、目が疲れやすくなります。

目の病気

  • ドライアイ: 涙の量が不足したり、質が悪くなったりすることで、目が乾燥しやすくなり、眼精疲労を引き起こします。
  • 近視・遠視・乱視: 視力の問題があると、常にピント調節をするために目の筋肉が緊張し、眼精疲労になりやすくなります。
  • 老眼: 加齢によってピント調節機能が低下し、近くのものが見えにくくなることで、目が疲れやすくなります。
  • 白内障: 水晶体が濁ることで視界がぼやけ、目が疲れやすくなります。
  • 緑内障: 視神経が障害されることで視野が狭くなり、目が疲れやすくなります。

その他の要因

  • ストレス: ストレスは、自律神経のバランスを乱し、眼精疲労を悪化させることがあります。
  • 睡眠不足: 睡眠不足は、目の周りの血行が悪くなり、眼精疲労を引き起こしやすくなります。
  • 栄養不足: ビタミンAやビタミンB群など、目の健康に必要な栄養素が不足すると、眼精疲労になりやすくなります。
  • コンタクトレンズの長時間装用: コンタクトレンズを長時間装用すると、角膜に酸素が供給されにくくなり、眼精疲労を引き起こすことがあります。
  • メガネやコンタクトレンズの度数が合っていない: 度数が合っていないメガネやコンタクトレンズを使用すると、常にピント調節をするために目の筋肉が緊張し、眼精疲労の原因となります。
  • 姿勢の悪さ: 猫背や前傾姿勢は、首や肩の筋肉を緊張させ、血行不良を引き起こすため、眼精疲労の原因となることがあります。

眼精疲労の症状は?

眼精疲労の症状は、人によって様々ですが、一般的には以下のものが挙げられます。

目の症状

  • 目の疲れ: 目が重く感じたり、ショボショボしたり、かすんだりします。
  • 目の痛み: 目がチクチクしたり、ズキズキしたり、奥の方が痛むことがあります。
  • 目の乾き: 涙の量が減り、目が乾燥しやすくなります。
  • 視界のぼやけ: 視界がぼやけたり、物が二重に見えたりすることがあります。
  • まぶしさ: 光をまぶしく感じやすくなります。
  • 充血: 白目が赤くなります。
  • 異物感: 目にゴミが入ったような感じがします。

身体の症状

  • 頭痛: 眼精疲労によって首や肩の筋肉が緊張し、頭痛を引き起こすことがあります。
  • 肩こり: 眼精疲労によって首や肩の筋肉が緊張し、肩こりを引き起こすことがあります。
  • 吐き気: ひどい眼精疲労の場合、吐き気を伴うことがあります。
  • 全身倦怠感: 体がだるく感じたり、疲れやすくなったりします。
  • 集中力の低下: 集中力が続かなくなったり、ミスが増えたりします。

精神的な症状

  • イライラ: 眼精疲労によってイライラしやすくなったり、気分が落ち込んだりすることがあります。
  • 不眠: 眼精疲労によって睡眠の質が低下し、不眠症になることがあります。

眼精疲労の改善策は?

眼精疲労の改善策は、原因や症状の程度によって異なりますが、一般的には以下の方法が有効です。

目の休息

  • 休憩をこまめに取る: パソコンやスマートフォンを長時間使用する場合は、1時間に1回は5~10分程度の休憩を取り、遠くの景色を見たり、目を閉じたりして、目を休ませましょう。
  • 睡眠を十分にとる: 睡眠不足は、眼精疲労を悪化させる原因となります。毎日7時間程度の睡眠を心がけましょう。
  • 温める: 温かいタオルやホットアイマスクを目に当てることで、目の周りの血行が促進され、眼精疲労が改善されることがあります。

目のケア

  • 点眼薬を使用する: ドライアイが原因で眼精疲労が起こっている場合は、人工涙液やヒアルロン酸点眼薬を使用すると、目の乾燥を防ぎ、眼精疲労を改善することができます。
  • 目の周りのマッサージ: 目の周りの筋肉を優しくマッサージすることで、血行を促進し、眼精疲労を改善することができます。
  • ツボ押し: 睛明(せいめい)や太陽(たいよう)などのツボを刺激することで、眼精疲労が改善されることがあります。

生活習慣の改善

  • 適度な運動: 適度な運動は、血行を促進し、ストレスを解消する効果があるため、眼精疲労の改善に繋がります。
  • バランスの取れた食事: ビタミンAやビタミンB群、ルテインなど、目の健康に必要な栄養素を積極的に摂取しましょう。
  • ブルーライトをカットする: パソコンやスマートフォンの画面から発せられるブルーライトは、眼精疲労の原因となることがあります。ブルーライトカットメガネを使用したり、ブルーライトカットフィルムを画面に貼ったりすることで、ブルーライトを軽減することができます。
  • 姿勢を正す: 猫背や前傾姿勢は、首や肩の筋肉を緊張させ、血行不良を引き起こすため、眼精疲労の原因となることがあります。正しい姿勢を心がけましょう。

専門家による治療

  • 眼科: 眼精疲労がひどい場合や、目の病気が原因で眼精疲労が起こっている場合は、眼科を受診しましょう。医師は、症状や原因に合わせて適切な治療を行います。
  • 整骨院: 眼精疲労は、首や肩の筋肉の緊張や、骨格の歪みが原因で起こることもあります。整骨院では、マッサージやストレッチ、骨盤矯正などを行い、筋肉の緊張を緩和し、骨格のバランスを整えることで眼精疲労を改善に導きます。

まとめ

眼精疲労は、現代社会において多くの人が抱える悩みの一つです。

放置すると、日常生活に支障をきたすだけでなく、様々な身体の不調を引き起こす可能性もあります。

もし眼精疲労の症状でお悩みの方は、まずは自分でできる対処法を試してみてください。

それでも改善が見られない場合は、早めに専門家にご相談ください。

当院では、眼精疲労の原因を特定し、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。