【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

「腰椎すべり症」とは?その原因と症状、改善策を徹底解説!~腰の違和感や痛み、もしかしてすべり症かも?~

「腰に違和感や鈍い痛みがある」「長時間立っていると腰が痛くなる」「腰を反らすと激痛が走る」

このような症状に心当たりのある方は、もしかしたら「腰椎すべり症」かもしれません。

腰椎すべり症は、腰椎(腰の骨)が前後にずれてしまうことで、神経を圧迫し、様々な症状を引き起こす病気です。

この記事では、腰椎すべり症の原因や症状、そして自分でできる対処法から専門家による治療まで、詳しく解説していきます。

腰椎すべり症に悩んでいる方はもちろん、腰椎すべり症を予防したい方も、ぜひ最後まで読んでみてください。

腰椎すべり症とは?

腰椎すべり症とは、腰椎(腰の骨)が前後にずれてしまう状態を指します。

正式には「腰椎分離すべり症」と呼ばれ、腰椎の一部が分離した後に、前方にずれてしまうことで起こります。

腰椎すべり症のメカニズム:一体何が起きているの?

背骨は、椎骨と呼ばれる骨が積み重なって構成されており、それぞれの椎骨は椎間関節という関節でつながっています。

この椎間関節が何らかの原因で弱くなったり、損傷したりすると、腰椎が前後にずれてしまうことがあります。

特に、腰椎分離症という、腰椎の一部が疲労骨折を起こす病気があると、腰椎すべり症を発症しやすくなります。

腰椎すべり症の原因は?

腰椎すべり症の原因は、大きく分けて以下の3つに分類されます。

先天的な要因

  • 腰椎分離症: 腰椎の一部が疲労骨折を起こす病気で、腰椎すべり症の主な原因となります。
  • 椎間関節の異常: 椎間関節の形や角度に異常があると、腰椎すべり症を発症しやすくなります。

後天的な要因

  • 加齢: 加齢によって椎間板や椎間関節が変性し、腰椎がずれやすくなります。
  • 激しいスポーツ: サッカーやラグビー、重量挙げなど、腰に負担がかかるスポーツを長年続けていると、腰椎分離症や腰椎すべり症を発症するリスクが高まります。
  • 腰への負担: 重いものを持ち上げたり、中腰での作業を繰り返したりすると、腰椎に負担がかかり、腰椎すべり症を引き起こすことがあります。
  • 姿勢の悪さ: 猫背や反り腰など、悪い姿勢を長時間続けると、腰椎に負担がかかり、腰椎すべり症を悪化させることがあります。

その他の要因

  • 骨粗鬆症: 骨が弱くなることで、腰椎が変形し、腰椎すべり症を発症しやすくなります。
  • 妊娠・出産: 妊娠中は、ホルモンバランスの変化や体重増加によって、腰椎に負担がかかりやすくなります。

腰椎すべり症の症状は?

腰椎すべり症の症状は、すべり症の程度や神経の圧迫の程度によって異なりますが、一般的には以下のものが挙げられます。

腰痛

  • 鈍痛: 腰に鈍い痛みを感じます。特に、長時間立っていたり、歩いたりすると痛みが強くなる傾向があります。
  • 腰を反らすと痛い: 腰を後ろに反らすと、痛みが強くなることがあります。
  • 腰が重い: 腰が重く感じたり、だるさを感じたりします。

下肢の症状

  • 足の痛みやしびれ: 腰から足にかけて、痛みやしびれを感じることがあります。特に、お尻や太もも、ふくらはぎに症状が出やすいです。
  • 間欠性跛行: しばらく歩くと足が痛くなり、休むと痛みが軽減する症状です。
  • 足の冷えやむくみ: 腰椎すべり症によって神経が圧迫されると、足の血行が悪くなり、冷えやむくみが起こることがあります。

その他

  • 姿勢の変化: 腰椎がずれることで、姿勢が悪くなったり、腰が反ったりすることがあります。
  • 排尿・排便障害: 重症の場合、排尿や排便に障害が起こることがあります。

腰椎すべり症の改善策は?

腰椎すべり症の改善策は、症状の程度によって異なりますが、一般的には以下の方法が有効です。

保存療法

  • 安静: 痛みが強い場合は、安静にすることが大切です。無理に動くと、症状が悪化することがあります。
  • 薬物療法: 痛みや炎症を抑えるために、鎮痛剤や消炎鎮痛剤、筋弛緩薬などが処方されることがあります。
  • コルセット: コルセットを装着することで、腰を安定させ、痛みを軽減することができます。
  • 牽引療法: 牽引療法は、椎間板にかかる圧力を軽減し、神経の圧迫を和らげる効果があります。
  • 温熱療法: 温熱療法は、血行を促進し、筋肉の緊張を緩和する効果があります。
  • 運動療法: 症状が落ち着いてきたら、医師や理学療法士の指導のもと、ストレッチや筋力トレーニングなどの運動療法を行います。

手術療法

保存療法で効果が得られない場合や、症状が重度の場合には、手術療法が検討されます。

手術では、ずれた腰椎を固定したり、神経の圧迫を解除したりします。

まとめ

腰椎すべり症は、早期発見・早期治療が大切です。

もし腰椎すべり症の症状でお悩みの方は、まずは自分でできる対処法を試してみてください。

それでも改善が見られない場合は、早めに専門家にご相談ください。

当院では、腰椎すべり症の原因を特定し、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。