【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

「神経症」とは?その原因と症状、改善策を徹底解説!~不安や恐怖、強迫観念…心の不調から解放されよう~

「漠然とした不安感が常に付きまとう」「特定の物事に対して強い恐怖心を感じる」「何度も同じ行動を繰り返してしまう」

このような症状に心当たりのある方は、もしかしたら「神経症」かもしれません。

神経症は、強い不安や恐怖、こだわりなどが主な症状として現れる心の病気です。

日常生活に支障をきたすことも多く、放置すると症状が悪化してしまう可能性もあります。

この記事では、神経症の種類や原因、症状、そして自分でできる対処法から専門家による治療まで、詳しく解説していきます。

神経症に悩んでいる方はもちろん、心の不調を感じている方も、ぜひ最後まで読んでみてください。

神経症とは?

神経症とは、強い不安や恐怖、こだわりなどが主な症状として現れる心の病気の総称です。

精神的なストレスや過去のトラウマなどが原因で発症することが多く、日常生活に支障をきたすこともあります。

神経症のメカニズム:一体何が起きているの?

神経症は、脳内の神経伝達物質のバランスが崩れることによって起こると考えられています。

ストレスやトラウマなどの精神的な要因によって、セロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質の分泌量が変化し、不安や恐怖、強迫観念などの症状を引き起こすのです。

また、遺伝的な要因や性格的な要因も、神経症の発症に影響を与えることがあります。

神経症の種類は?

神経症は、症状によっていくつかの種類に分けられます。

全般性不安障害

漠然とした不安や心配事が常に頭から離れず、心身の緊張が続く状態です。

動悸や息切れ、めまい、不眠などの身体症状を伴うこともあります。

パニック障害

突然、激しい動悸や息苦しさ、めまいなどの発作が起こり、死んでしまうのではないかという恐怖感に襲われる病気です。

発作は数分から数十分で治まりますが、また発作が起こるのではないかという不安が強くなり、外出を控えるようになることもあります。

強迫性障害

不合理だとわかっていても、頭から離れない考え(強迫観念)や、それを打ち消すために同じ行動を繰り返してしまう(強迫行為)状態です。

例えば、

  • 何度も手を洗わないと気が済まない
  • 鍵をかけたかどうか何度も確認する
  • 特定の数字や言葉が気になって仕方がない

といった症状があります。

社会不安障害(SAD)

人前で恥ずかしい思いをするのではないかという不安や恐怖が強く、人と接することを避けたり、極度に緊張したりする病気です。

例えば、

  • 人前で話したり、食事をするのが怖い
  • 電話に出るのが怖い
  • 会議や発表会で緊張して話せなくなる

といった症状があります。

その他の神経症

  • 恐怖症: 特定の物事や状況に対して、強い恐怖や不安を感じる病気です。高所恐怖症や閉所恐怖症、先端恐怖症などがあります。
  • 身体表現性障害: 身体的な症状があるにもかかわらず、検査では異常が見つからない病気です。頭痛や腹痛、めまい、動悸など、様々な症状が現れます。

神経症の原因は?

神経症の原因は、一つではありません。様々な要因が複雑に絡み合って引き起こされることがあります。

精神的な要因

  • ストレス: 職場や家庭での人間関係、仕事や学業のプレッシャーなど、様々なストレスが神経症の発症に影響を与えます。
  • 過去のトラウマ: いじめや虐待、事故などのトラウマ体験が、神経症の発症を引き起こすことがあります。
  • 性格: 完璧主義や責任感が強い、傷つきやすいなどの性格は、神経症になりやすい傾向があります。

生物学的な要因

  • 遺伝: 神経症は、遺伝的な要因も関与していると考えられています。
  • 脳の機能異常: 脳内の神経伝達物質のバランスが崩れることで、神経症の症状が現れることがあります。

環境的な要因

  • 過保護な家庭環境: 過保護な家庭環境で育った人は、ストレスに対処する力が弱く、神経症になりやすい傾向があります。
  • 厳しい競争社会: 競争の激しい社会で生活していると、ストレスを感じやすく、神経症を発症するリスクが高まります。

神経症の症状は?

神経症の症状は、その種類によって異なりますが、一般的には以下のものが挙げられます。

精神的な症状

  • 不安: 漠然とした不安や心配事が常に頭から離れません。
  • 恐怖: 特定の物事や状況に対して、強い恐怖を感じます。
  • 強迫観念: 不合理だとわかっていても、頭から離れない考えが浮かびます。
  • 抑うつ: 気分が落ち込み、何事にも興味が持てなくなります。

身体的な症状

  • 動悸や息切れ: 脈が速くなったり、息苦しくなったりします。
  • めまい: フワフワとしためまいや、立ちくらみが起こります。
  • 吐き気: 吐き気を感じたり、実際に吐いてしまったりします。
  • 頭痛: 頭痛に悩まされることがあります。
  • 不眠: 寝つきが悪くなったり、夜中に何度も目が覚めたりします。
  • 食欲不振: 食欲がなくなったり、食べても美味しく感じなかったりします。

神経症の改善策は?

神経症の改善策は、その種類や症状の程度によって異なりますが、一般的には以下の方法が有効です。

薬物療法

  • 抗不安薬: 不安を和らげる薬です。
  • 抗うつ薬: 抑うつ症状を改善する薬です。
  • 睡眠薬: 不眠症を改善する薬です。

精神療法

  • 認知行動療法: 考え方や行動パターンを変えていくことで、症状を改善していく治療法です。
  • 森田療法: 不安や恐怖を受け入れ、行動していくことで、症状を改善していく治療法です。
  • 自律訓練法: リラックス法の一つで、心身をリラックスさせることで、症状を改善していく治療法です。

その他の治療法

  • 運動療法: 適度な運動は、ストレス解消やリラックス効果があり、神経症の改善に役立ちます。
  • 食事療法: バランスの取れた食事は、心身の健康を維持するために重要です。
  • 休養: 十分な睡眠と休息は、心身の回復に欠かせません。
  • 趣味: 趣味に没頭することで、ストレスを解消し、リラックスすることができます。

まとめ

神経症は、決して珍しい病気ではありません。

適切な治療とセルフケアを行うことで、症状を改善し、より充実した生活を送ることができます。

もし神経症の症状でお悩みの方は、一人で悩まず、早めに専門家にご相談ください。

当院では、神経症の原因を特定し、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。