【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

成長痛とは?その原因と症状、改善策を徹底解説!

お子さんが「足が痛い!」と訴えることはありませんか?それはもしかすると、「成長痛」かもしれません。

成長痛は、主に3歳から12歳頃の子どもに多く見られる、脚の痛みです。夜間に痛みが増し、朝には治まっていることが多いのが特徴です。

成長痛は、成長期特有の症状であり、命に関わる病気ではありません。しかし、痛みが強い場合は、お子さんの生活に支障をきたすこともあります。

今回は、成長痛の原因と症状、そして効果的な改善策について詳しく解説していきます。お子さんの成長痛を理解し、適切なケアをしてあげることで、健やかな成長をサポートしましょう。

成長痛の原因

成長痛の明確な原因はまだ解明されていませんが、以下の要因が関係していると考えられています。

  1. 骨の成長: 成長期は、骨が急速に成長する時期です。骨の成長に筋肉や腱の成長が追いつかず、筋肉や腱が引っ張られることで痛みが生じると考えられています。
  2. 運動: 活発に運動する子どもは、成長痛を起こしやすい傾向があります。運動によって筋肉や腱が疲労し、痛みが生じやすくなると考えられています。
  3. 姿勢: 猫背や反り腰などの悪い姿勢は、筋肉や関節に負担をかけ、成長痛を引き起こす原因となることがあります。
  4. 精神的なストレス: ストレスや不安は、筋肉の緊張を高め、成長痛を悪化させることがあります。
  5. 冷え: 体が冷えると、血行が悪くなり、筋肉が硬くなって痛みが生じやすくなります。

成長痛の症状

成長痛の主な症状は、以下の通りです。

  • 脚の痛み: 膝やふくらはぎ、太ももなど、脚の様々な部位に痛みを感じます。左右両方の脚に痛みが出ることもあれば、片方の脚だけに痛みが出ることもあります。
  • 夜間や夕方頃に痛みが強くなる: 成長痛は、夜間や夕方頃に痛みが強くなる傾向があります。これは、日中に活動したことで筋肉が疲労し、夜間にリラックスすることで痛みが感じやすくなるためと考えられています。
  • 朝には痛みが治まっている: 成長痛は、朝には痛みが治まっていることが多いです。これは、睡眠中に筋肉が休まり、血行が良くなるためと考えられています。
  • 痛みの程度は様々: 痛みの程度は、子どもによって異なります。少し違和感がある程度の場合もあれば、痛みが強くて歩けない場合もあります。

成長痛の改善策

成長痛は、自然に治ることが多いですが、以下の方法で症状を緩和することができます。

  1. マッサージ: 痛む部分を優しくマッサージしてあげましょう。マッサージは、血行を促進し、筋肉の緊張を緩和する効果があります。温かいタオルで温めながらマッサージすると、より効果的です。
  2. ストレッチ: 痛む部分の筋肉をゆっくりと伸ばすストレッチは、筋肉の柔軟性を高め、痛みの緩和に役立ちます。無理のない範囲で、気持ちが良いと感じる程度にストレッチを行いましょう。
  3. 温める: 痛む部分を温めることで、血行が促進され、痛みが緩和されます。温かいお風呂に入ったり、湯たんぽやホットパックを使用したりするのも効果的です。
  4. 冷やす: 痛みが強い場合は、冷やすことで炎症を抑え、痛みを和らげることができます。氷のうや保冷剤などをタオルに包んで、痛む部分に当てましょう。
  5. 安静: 痛みが強い場合は、安静にすることが大切です。激しい運動は避け、ゆっくりと休ませましょう。
  6. 生活習慣の改善: 規則正しい生活を送り、バランスの取れた食事を心がけましょう。また、ストレスを溜めないように、リラックスできる時間を作ることも大切です。

整骨院での施術

整骨院では、成長痛に対して、手技療法や物理療法、テーピングなどの施術を行うことができます。

  • 手技療法: マッサージやストレッチなどにより、筋肉の緊張を緩和し、血行を促進します。
  • 物理療法: 超音波や電気療法などにより、痛みの緩和や組織の修復を促します。
  • テーピング: 関節を固定することで、安定性を高め、痛みの軽減を図ります。

まとめ

成長痛は、成長期特有の症状であり、適切なケアを行うことで改善することができます。

当院では、成長痛の原因を特定し、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。