【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

アキレス腱の痛みとは?その原因と症状、改善策を徹底解説!

「運動中や運動後にアキレス腱が痛む」「かかとが腫れている」「アキレス腱が突っ張る感じがする」といった症状に悩まされていませんか?それは「アキレス腱の痛み」かもしれません。

アキレス腱は、かかととふくらはぎの筋肉をつなぐ人体で最も太い腱で、歩行や走行、ジャンプなど、日常の様々な動作に欠かせない重要な役割を担っています。

アキレス腱に何らかの異常が生じると、痛みや腫れ、機能障害などの症状が現れ、日常生活やスポーツ活動に支障をきたすことがあります。

今回は、アキレス腱の痛みの原因と症状、そして効果的な改善策について詳しく解説していきます。アキレス腱の痛みでお悩みの方、また予防に関心のある方も、ぜひ最後までご覧ください。

アキレス腱の痛みの原因

アキレス腱の痛みは、様々な原因によって引き起こされます。主な原因は以下の通りです。

  1. アキレス腱炎
    • アキレス腱に炎症が起こることで、痛みや腫れ、熱感などの症状が現れます。
    • ランニングやジャンプなどの繰り返しの動作や、急激な運動量の増加、不適切なシューズの使用などが原因で発症することが多いです。
  2. アキレス腱周囲炎
    • アキレス腱を包む組織(パラテノン)に炎症が起こることで、痛みや腫れ、熱感などの症状が現れます。
    • アキレス腱炎と同様に、繰り返しの動作や過度な運動が原因で発症することが多いです。
  3. アキレス腱断裂
    • アキレス腱が完全に断裂してしまうケガです。
    • スポーツ中の急な動作や、転倒などが原因で起こることがあります。
    • 突然の激痛や「ブチッ」という音が鳴ることが特徴です。
  4. 滑液包炎
    • アキレス腱と骨の間にある滑液包というクッションの役割を果たす組織に炎症が起こることで、痛みや腫れが生じます。
    • 靴擦れやアキレス腱への繰り返しの摩擦が原因で発症することが多いです。
  5. Haglund変形
    • かかとの骨が変形し、アキレス腱を刺激することで痛みを引き起こします。
    • 靴擦れやハイヒールなどの着用が原因で発症することが多いです。
  6. 後脛骨筋腱機能不全
    • 後脛骨筋腱は、足のアーチを支える重要な腱です。
    • この腱が炎症を起こしたり、断裂したりすることで、アキレス腱に負担がかかり、痛みを引き起こすことがあります。

アキレス腱の痛みの症状

アキレス腱の痛みの症状は、原因や痛みの程度によって異なりますが、一般的には以下のような症状が見られます。

  • アキレス腱周囲の痛み:
    • 運動時や運動後に痛みを感じることが多いです。
    • 痛みの程度は、軽度な違和感から、歩行困難なほどの激痛まで様々です。
  • アキレス腱周囲の腫れ:
    • 炎症が起きている場合、アキレス腱周囲が腫れることがあります。
  • アキレス腱周囲の熱感:
    • 炎症が起きている場合、アキレス腱周囲が熱を持つことがあります。
  • アキレス腱周囲の硬さ:
    • アキレス腱が硬く感じることがあります。
  • つま先立ちの際の痛み:
    • つま先立ちをする際に痛みを感じることがあります。
  • 歩行時の痛み:
    • 歩行時に痛みを感じることがあります。

アキレス腱の痛みの改善策

アキレス腱の痛みの改善策は、原因や症状の程度によって異なりますが、一般的には以下の方法が有効です。

  1. 安静:
    • 痛みが強い場合は、まずアキレス腱を休ませることが大切です。
    • 運動量を減らしたり、運動の種類を変えたり、休養日を設けたりしましょう。
  2. アイシング:
    • 炎症を抑えるために、痛む部分を冷やしましょう。氷のうや保冷剤などをタオルに包んで、10~15分程度冷やします。
  3. ストレッチ:
    • ふくらはぎの筋肉やアキレス腱をストレッチすることで、柔軟性を高め、アキレス腱への負担を軽減することができます。
  4. 足底板(インソール):
    • 足底板は、足のアーチをサポートし、アキレス腱への負担を軽減する効果があります。
  5. テーピング:
    • テーピングでアキレス腱をサポートすることで、アキレス腱への負担を軽減し、痛みの緩和を図ることができます。
  6. 適切な靴選び:
    • クッション性の高いシューズを選び、足に合ったサイズのものを選びましょう。
    • かかとが高い靴は避け、アキレス腱への負担を軽減しましょう。
  7. 薬物療法:
    • 痛みが強い場合は、医師に相談し、消炎鎮痛剤や湿布薬などを処方してもらうことがあります。
  8. 注射:
    • 痛みが強い場合や、他の治療法で効果がない場合は、ステロイド注射を行うことがあります。
  9. 体外衝撃波療法:
    • 衝撃波を患部に当てることで、組織の修復を促し、痛みの緩和を図る治療法です。
  10. 手術:
    • 保存療法で改善しない重症の場合は、手術を行うことがあります。

整骨院での施術

当院では、アキレス腱の痛みの原因を特定し、症状に合わせた適切な施術を行います。

  • 手技療法: マッサージやストレッチなどにより、筋肉の緊張を緩和し、血行を促進します。アキレス腱の柔軟性を高める施術や、足関節の動きを改善する施術などを行います。
  • 物理療法: 超音波や電気療法などにより、炎症を抑え、痛みの緩和を図ります。
  • 鍼灸: 鍼灸治療は、ツボを刺激することで、血行を促進し、痛みを和らげる効果があります。
  • テーピング: アキレス腱をサポートするテーピングは、アキレス腱への負担を軽減し、痛みの緩和に繋がります。

まとめ

アキレス腱の痛みは、適切なケアと施術を受けることで改善できる可能性があります。

当院では、アキレス腱の痛みの原因を特定し、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。