【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

手のしびれとは?その原因と症状、改善策を徹底解説!

「朝起きたら手がしびれていた」「字を書いていると手がしびれてくる」「手がこわばって動かしにくい」…このような症状に悩まされていませんか?それは「手のしびれ」かもしれません。

手のしびれは、誰しも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。しかし、その原因は様々であり、一時的なものから、放置すると深刻な病気に繋がるものまであります。

今回は、手のしびれの原因と症状、そして効果的な改善策について詳しく解説していきます。手のしびれでお悩みの方、また予防に関心のある方も、ぜひ最後までご覧ください。

手のしびれの原因

手のしびれは、神経の圧迫や血行不良、神経の病気など、様々な原因によって引き起こされます。主な原因は以下の通りです。

  1. 神経の圧迫
    • 頸椎症: 首の骨(頸椎)が変形したり、椎間板が飛び出したりすることで、神経を圧迫し、手や腕にしびれや痛みを引き起こします。
    • 胸郭出口症候群: 首から腕にかけての神経や血管が、鎖骨や肋骨の間で圧迫されることで、手や腕にしびれや痛み、冷感などを引き起こします。
    • 手根管症候群: 手首にある手根管というトンネルの中で、正中神経が圧迫されることで、親指、人差し指、中指にしびれや痛みを引き起こします。
    • 肘部管症候群: 肘の内側にある肘部管というトンネルの中で、尺骨神経が圧迫されることで、小指、薬指にしびれや痛みを引き起こします。
  2. 血行不良
    • 閉塞性動脈硬化症: 動脈硬化によって手足の血管が狭くなり、血流が悪くなることで、手足のしびれや冷えを引き起こします。
    • 糖尿病: 高血糖状態が続くことで、神経や血管が障害され、手足のしびれや痛みを引き起こします。
    • レイノー病: 寒さやストレスによって、手足の血管が収縮し、血流が悪くなることで、手足のしびれや冷えを引き起こします。
  3. 神経の病気
    • 多発性硬化症: 脳や脊髄の神経が障害される病気で、手足のしびれや麻痺、視力障害などの症状を引き起こします。
    • ギラン・バレー症候群: 末梢神経が障害される病気で、手足のしびれや麻痺、筋力低下などの症状を引き起こします。
  4. その他
    • ビタミンB12不足: ビタミンB12は、神経の働きを正常に保つために必要な栄養素です。ビタミンB12が不足すると、手足のしびれや感覚異常を引き起こすことがあります。
    • 過度な飲酒: アルコールの過剰摂取は、神経を障害し、手足のしびれを引き起こすことがあります。
    • 特定の薬の副作用: 一部の薬剤(抗がん剤、抗ウイルス薬など)の副作用として、手足のしびれが現れることがあります。

手のしびれの症状

手のしびれの症状は、原因によって異なりますが、一般的には以下のような症状が見られます。

  • しびれ: 指先、手のひら、手首、腕など、様々な部位にしびれを感じます。しびれの程度は、ピリピリとした軽いものから、感覚がなくなるほどの重いものまで様々です。
  • 痛み: しびれとともに、痛みを感じることもあります。
  • 冷え: 血行不良が原因の場合は、手が冷たく感じることもあります。
  • むくみ: 血行不良が原因の場合は、手がむくむこともあります。
  • 力が入らない: 神経の圧迫が原因の場合は、手に力が入りにくくなることがあります。
  • 細かい動作がしにくい: 手のしびれによって、細かい動作がしにくくなることがあります。

手のしびれの改善策

手のしびれの改善策は、原因によって異なります。

  1. 神経の圧迫:
    • 頸椎症: 牽引療法や温熱療法、運動療法、薬物療法、手術療法などがあります。
    • 胸郭出口症候群: 肋鎖間筋や小胸筋のストレッチ、姿勢改善、筋力トレーニング、手術療法などがあります。
    • 手根管症候群: 手首の安静、サポーターや装具の使用、ステロイド注射、手術療法などがあります。
    • 肘部管症候群: 肘の安静、サポーターや装具の使用、手術療法などがあります。
  2. 血行不良:
    • 閉塞性動脈硬化症: 薬物療法、運動療法、血管内治療、手術療法などがあります。
    • 糖尿病: 食事療法、運動療法、薬物療法などがあります。
    • レイノー病: 保温、薬物療法などがあります。
  3. 神経の病気:
    • 多発性硬化症ギラン・バレー症候群: 専門医による治療が必要です。
  4. その他:
    • ビタミンB12不足: ビタミンB12のサプリメントを摂取したり、ビタミンB12を多く含む食品(レバー、魚介類、卵など)を積極的に摂取したりしましょう。
    • 過度な飲酒: 飲酒を控えましょう。
    • 特定の薬の副作用: 医師に相談し、薬を変更してもらうなどの対応が必要です。

整骨院での施術

当院では、手のしびれの原因を特定し、症状に合わせた適切な施術を行います。

  • 手技療法: マッサージやストレッチなどにより、筋肉の緊張を緩和し、血行を促進します。
  • 物理療法: 電気療法や温熱療法などにより、血行を促進し、神経の働きを改善します。
  • 骨格矯正: 背骨や骨盤の歪みを整えることで、神経の圧迫を軽減します。
  • テーピング: 手首や肘をサポートし、症状の緩和を図ります。

まとめ

手のしびれは、放置すると日常生活に支障をきたすだけでなく、深刻な病気に繋がることもあります。

当院では、手のしびれの原因を特定し、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。