【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

腱鞘炎とは?その原因と症状、改善策を徹底解説!

「指や手首を動かすと痛い」「朝、手がこわばる」「指がカクッと引っかかる」…このような症状に心当たりはありませんか?それは「腱鞘炎」かもしれません。

腱鞘炎は、指や手首を動かす腱と、それを包む腱鞘が摩擦を起こし、炎症を起こすことで生じる痛みです。日常生活での動作や仕事、スポーツなど、様々な原因で発症し、放置すると慢性化することもあります。

今回は、腱鞘炎の原因と症状、そして効果的な改善策について詳しく解説していきます。腱鞘炎でお悩みの方、また予防に関心のある方も、ぜひ最後までご覧ください。

腱鞘炎とは?

腱鞘炎は、腱と腱鞘の摩擦によって炎症が起こり、痛みや腫れ、熱感などを引き起こす疾患です。

  • : 筋肉と骨をつなぐ、強靭な線維組織です。筋肉が収縮すると、腱が引っ張られて骨が動きます。
  • 腱鞘: 腱を包み込み、腱がスムーズに動くように滑りを良くするトンネルのような役割を果たします。

腱鞘炎は、手や指、足など、全身の様々な部位に発生する可能性がありますが、特に手首や指に多く見られます。これは、手首や指は日常生活で頻繁に使うため、腱鞘炎が起こりやすい部位だからです。

腱鞘炎の種類

腱鞘炎は、発生する部位によって様々な種類があります。代表的なものとしては、以下のものが挙げられます。

  • ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎): 手首の親指側に痛みや腫れが生じます。親指を動かす腱と腱鞘に炎症が起こることで発症します。
  • ばね指(弾発指): 指が曲がったまま伸びなくなったり、伸ばしたまま曲がらなくなったりします。指を曲げる腱と腱鞘に炎症が起こり、腱が腱鞘の中で引っかかることで発症します。
  • 橈骨茎状突起炎(テニス肘): 手首を反らす動作で肘の外側に痛みを感じます。手首を反らす筋肉の腱と腱鞘に炎症が起こることで発症します。
  • ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎): 手首を曲げる動作で肘の内側に痛みを感じます。手首を曲げる筋肉の腱と腱鞘に炎症が起こることで発症します。

腱鞘炎の原因

腱鞘炎は、様々な要因によって引き起こされます。主な原因は以下の通りです。

  1. オーバーユース(使いすぎ)
    • パソコン作業やスマホ操作、楽器演奏、手作業など、手首や指を繰り返し使う動作を長時間行うことで、腱鞘に負担がかかり、炎症を起こしやすくなります。
    • スポーツ(テニス、ゴルフ、バドミントンなど)や、家事、育児などでも発症することがあります。
  2. ホルモンバランスの変化
    • 妊娠・出産や更年期など、女性ホルモンのバランスが変化する時期に、腱鞘炎が起こりやすくなります。これは、女性ホルモンが腱や腱鞘の組織に影響を与えるためと考えられています。
  3. 関節リウマチなどの基礎疾患
    • 関節リウマチなどの炎症性疾患は、腱鞘炎の発症リスクを高めます。

腱鞘炎の症状

腱鞘炎の主な症状は、以下の通りです。

  • 痛み:
    • 患部を押すと痛みを感じます。
    • 手首や指を動かすと痛みが強くなります。
    • 初期は運動時のみの痛みですが、進行すると安静時にも痛みを感じるようになります。
  • 腫れ:
    • 腱鞘に炎症が起こると、患部が腫れることがあります。
  • 熱感:
    • 炎症が起きている場合、患部が熱を持つことがあります。
  • 運動制限:
    • 腱鞘炎がひどくなると、指や手首の動きが悪くなり、日常生活に支障をきたすことがあります。
  • ばね現象:
    • ばね指の場合、指がカクンと引っかかるような感覚があります。

腱鞘炎の改善策

腱鞘炎の改善には、以下の方法が有効です。

  1. 安静と固定
    • 痛みが強い場合は、まず患部を安静にすることが大切です。
    • サポーターやテーピングで患部を固定することで、腱鞘への負担を軽減し、炎症の悪化を防ぎます。
  2. アイシング
    • 炎症を抑えるために、痛む部分を冷やしましょう。氷のうや保冷剤などをタオルに包んで、10~15分程度冷やします。
  3. 温熱療法
    • 痛みが落ち着いてきたら、温熱療法で血行を促進し、回復を早めることができます。
  4. ストレッチ
    • 手首や指のストレッチは、腱や腱鞘の柔軟性を高め、痛みの緩和に役立ちます。
  5. 薬物療法
    • 痛みが強い場合は、医師に相談し、消炎鎮痛剤や湿布薬などを処方してもらうことがあります。
  6. 注射
    • 痛みが強い場合や、他の治療法で効果がない場合は、ステロイド注射を行うことがあります。

整骨院での施術

当院では、腱鞘炎の原因を特定し、症状に合わせた適切な施術を行います。

  • 手技療法: マッサージやストレッチなどにより、筋肉の緊張を緩和し、血行を促進します。
  • 物理療法: 超音波や電気療法などにより、炎症を抑え、痛みの緩和を図ります。
  • テーピング: 患部を固定することで、腱鞘への負担を軽減し、炎症の悪化を防ぎます。

まとめ

腱鞘炎は、適切なケアと施術を受けることで改善できる疾患です。

当院では、腱鞘炎の原因を特定し、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。