【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

逆流性食道炎とは?その原因と症状、改善策を徹底解説!

「食後に胸やけがする」「酸っぱいものがこみ上げてくる」「夜、咳が止まらない」…このような症状に心当たりはありませんか?それは「逆流性食道炎」かもしれません。

逆流性食道炎は、胃酸や胃の内容物が食道に逆流し、食道に炎症を引き起こす病気です。近年、食生活の欧米化やストレス社会の影響で、患者数が増加傾向にあります。

今回は、逆流性食道炎の原因と症状、そして効果的な改善策について詳しく解説していきます。逆流性食道炎でお悩みの方、また予防に関心のある方も、ぜひ最後までご覧ください。

逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎とは、胃酸や胃の内容物が食道に逆流し、食道の粘膜を刺激することで炎症を引き起こす病気です。

通常、食道と胃の境界には「下部食道括約筋(LES)」という筋肉があり、これが弁の役割を果たして胃酸の逆流を防いでいます。しかし、LESの機能が低下すると、胃酸が食道に逆流しやすくなり、逆流性食道炎を発症します。

逆流性食道炎は、軽度な場合は自然に治ることもありますが、放置すると食道潰瘍や狭窄、バレット食道(食道がんのリスクを高める前がん病変)などの合併症を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。

逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎の原因は、以下のものが考えられます。

  1. 食生活の乱れ
    • 脂っこい食事、甘いもの、刺激物(香辛料、コーヒー、アルコールなど)の過剰摂取は、胃酸の分泌を促進し、逆流性食道炎のリスクを高めます。
    • 早食い、ドカ食い、食後のすぐに横になるなどの習慣も、胃酸の逆流を促すため注意が必要です。
  2. 肥満
    • 肥満は、腹圧を高め、胃酸の逆流を促進します。
  3. ストレス
    • ストレスは、自律神経のバランスを乱し、胃酸の分泌を増加させます。
  4. 加齢
    • 加齢とともに、LESの機能が低下し、逆流性食道炎のリスクが高まります。
  5. 妊娠
    • 妊娠中は、ホルモンバランスの変化や子宮の増大によって、腹圧が高まり、逆流性食道炎が起こりやすくなります。
  6. 特定の薬剤
    • 一部の薬剤(気管支拡張薬、カルシウム拮抗薬など)は、LESの機能を低下させ、逆流性食道炎のリスクを高めることがあります。
  7. 食道裂孔ヘルニア
    • 食道裂孔ヘルニアは、胃の一部が横隔膜の食道裂孔という穴から胸腔内に飛び出す病気で、逆流性食道炎の原因となることがあります。

逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎の主な症状は、以下の通りです。

  • 胸やけ: みぞおちから胸にかけて焼けるような不快感を感じます。食後や横になった時に症状が悪化することが多いです。
  • 呑酸(どんさん): 口の中に酸っぱい液体がこみ上げてくる症状です。
  • げっぷ: 胃酸や空気が逆流することで、げっぷが出やすくなります。
  • のどの違和感: 胃酸がのどまで逆流することで、のどの痛みや違和感、イガイガ感を感じることがあります。
  • : 特に夜間や横になった時に、咳が出やすくなります。
  • 胸痛: 胃酸が食道を刺激することで、胸の痛みを感じることがあります。

逆流性食道炎の改善策

逆流性食道炎の改善には、以下の方法が有効です。

  1. 生活習慣の改善
    • 食事: 脂っこいもの、甘いもの、刺激物を控え、バランスの取れた食事を心がけましょう。
    • 食事の量と回数: 少量ずつ、よく噛んで食べるようにしましょう。
    • 食後の過ごし方: 食後すぐに横になるのは避け、2~3時間ほど空けましょう。
    • 寝る前の食事: 寝る2~3時間前には食事を済ませましょう。
    • 禁煙: 喫煙は、LESの機能を低下させ、胃酸の分泌を促進するため、禁煙しましょう。
    • アルコール: アルコールは、胃酸の分泌を促進するため、控えめにするか、避けましょう。
    • 体重管理: 肥満は、腹圧を高め、胃酸の逆流を促進するため、適正体重を維持しましょう。
    • ストレス解消: ストレスは、胃酸の分泌を増加させるため、リラックスできる時間を作るようにしましょう。
    • 服装: きついベルトやガードルは、腹圧を高めるため、避けましょう。
  2. 薬物療法
    • 胃酸分泌抑制薬: 胃酸の分泌を抑える薬です。
    • 制酸剤: 胃酸を中和する薬です。
    • 胃粘膜保護薬: 胃の粘膜を保護する薬です。
    • 消化管運動機能改善薬: 胃腸の動きを活発にする薬です。
  3. 整骨院での施術
    • 骨盤矯正: 骨盤の歪みを整えることで、内臓の位置を正常化し、胃酸の逆流を改善する効果が期待できます。
    • 背中のマッサージ: 背中の筋肉をほぐすことで、自律神経のバランスを整え、胃酸の分泌を抑制する効果が期待できます。

まとめ

逆流性食道炎は、生活習慣の改善や薬物療法、整骨院での施術など、様々な方法で改善することができます。

当院では、逆流性食道炎の原因を特定し、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。