【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

マタニティの息苦しさとは?その原因と症状、改善策を徹底解説!

妊娠中は、喜びとともに様々な体の変化が起こります。その一つとして、「息苦しさ」を感じる妊婦さんは多いのではないでしょうか。

「少し動いただけで息切れする」「横になっても息苦しい」といった息苦しさは、妊娠中の体の変化や、場合によっては病気が原因で起こることがあります。

今回は、マタニティの息苦しさの原因と症状、そして効果的な改善策について詳しく解説していきます。つらい息苦しさを少しでも軽減し、快適なマタニティライフを送るためのヒントを見つけていきましょう。

マタニティの息苦しさの原因

マタニティの息苦しさは、主に以下の4つの要因によって引き起こされます。

  1. ホルモンバランスの変化: 妊娠初期には、プロゲステロンというホルモンの分泌量が増加します。プロゲステロンは、呼吸中枢を刺激し、呼吸を深くする作用があるため、息苦しさを感じやすくなることがあります。
  2. 子宮の増大: 妊娠が進むにつれて、子宮が大きくなり、横隔膜を押し上げます。横隔膜は呼吸を助ける筋肉であるため、その動きが制限されることで、息苦しさを感じることがあります。
  3. 血液量増加: 妊娠中は、赤ちゃんに酸素や栄養を供給するために、血液量が増加します。心臓は、増加した血液を全身に送り出すために、より多くの酸素を必要とするため、呼吸数が増え、息苦しさを感じやすくなることがあります。
  4. 貧血: 妊娠中は、赤ちゃんの成長に必要な鉄分を多く消費するため、貧血になりやすい状態です。貧血になると、酸素を運ぶ赤血球が不足し、酸素不足に陥りやすくなります。その結果、息苦しさを感じることがあります。

マタニティの息苦しさの症状

マタニティの息苦しさは、以下のような症状として現れることがあります。

  • 少し動いただけで息切れする
  • 横になっても息苦しい
  • 呼吸が浅く速くなる
  • 胸が締め付けられるような感覚がある
  • 動悸がする
  • めまいがする

これらの症状は、妊娠初期から後期まで、どの時期にも現れる可能性があります。また、個人差があり、症状の程度も様々です。

マタニティの息苦しさの改善策

マタニティの息苦しさを改善するためには、以下の方法が有効です。

  1. 休息:
    • 妊娠中は、いつも以上に休息を心がけましょう。
    • 横になる際は、上半身を少し高くすると呼吸が楽になります。クッションや枕などを利用して、楽な姿勢を保ちましょう。
  2. ゆっくりとした動作:
    • 急に動くと息切れしやすいため、動作はゆっくりと行いましょう。
    • 階段の上り下りや重い物の持ち運びは、できるだけ避けましょう。
  3. 水分補給:
    • 水分不足は、血液の粘度を高め、酸素供給を妨げるため、こまめな水分補給を心がけましょう。
  4. バランスの取れた食事:
    • 栄養バランスの取れた食事は、貧血の予防や改善に役立ちます。
    • 鉄分や葉酸、ビタミンB群など、妊娠中に必要な栄養素を積極的に摂取しましょう。
  5. 軽い運動:
    • 適度な運動は、心肺機能を高め、息切れしにくい体を作ります。
    • ウォーキングやマタニティヨガなど、医師に相談の上、無理のない範囲で体を動かすようにしましょう。
  6. リラックス:
    • ストレスは、自律神経の乱れを引き起こし、息苦しさを悪化させることがあります。
    • アロマテラピーやマッサージなど、リラックスできる方法を見つけ、ストレスを解消しましょう。
  7. 専門家への相談:
    • 息苦しさがひどい場合は、我慢せずに医師や助産師に相談しましょう。
    • 貧血や心臓病、呼吸器疾患など、治療が必要な病気が隠れている可能性もあります。

整骨院での施術

整骨院では、マタニティの息苦しさに対して、骨盤矯正や呼吸法指導、マッサージなどの施術を行うことができます。

  • 骨盤矯正: 妊娠中の体の変化によって歪んだ骨盤を正しい位置に戻すことで、呼吸が楽になることがあります。
  • 呼吸法指導: 深い呼吸をするための正しい呼吸法を指導することで、息苦しさを軽減することができます。
  • マッサージ: 肩や首、背中の筋肉をほぐすことで、呼吸が楽になることがあります。

まとめ

マタニティの息苦しさは、妊娠中の体の変化によって起こる自然な症状ですが、適切なケアを行うことで改善することができます。

当院では、妊娠中の体の変化や症状を丁寧にヒアリングし、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。