【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

「斜角筋症候群」って一体何?その原因と症状、改善策を徹底解説!

腕や手が痺れる、だるい、痛い…。もしかして、それは「斜角筋症候群」のサインかもしれません。斜角筋症候群は、首の筋肉が原因で神経や血管が圧迫されることで起こる疾患で、日常生活に支障をきたすことがあります。

今回は、斜角筋症候群について詳しく解説し、その原因、症状、そして改善策をご紹介します。意外と知られていない斜角筋症候群、一緒に正しい知識を身につけ、辛い症状から解放されましょう。

斜角筋症候群とは?

斜角筋症候群とは、首の側面にある「斜角筋」という筋肉が、腕や手に向かう神経や血管を圧迫することで、様々な症状を引き起こす疾患です。

斜角筋は、頸椎(首の骨)から肋骨に付着しており、首を安定させたり、呼吸を補助したりする役割を担っています。しかし、姿勢の悪さや長時間のデスクワーク、重い荷物を持つなどの負担によって、斜角筋が過剰に緊張したり、硬くなったりすることで、神経や血管を圧迫し、斜角筋症候群を引き起こすことがあります。

斜角筋症候群の種類

斜角筋症候群は、圧迫される神経や血管の種類によって、いくつかの種類に分けられます。

  1. 神経圧迫型
    • 腕や手に向かう神経が圧迫されることで、痺れや痛み、感覚異常などが現れます。
    • 特に、薬指と小指に症状が出やすい傾向があります。
  2. 血管圧迫型
    • 腕や手に向かう血管が圧迫されることで、血行不良が起こり、冷えや蒼白、むくみなどが現れます。
    • 重症の場合、腕や手の壊死(組織が死ぬこと)を引き起こすこともあります。
  3. 混合型
    • 神経と血管の両方が圧迫されることで、神経圧迫型と血管圧迫型の両方の症状が現れます。

斜角筋症候群の症状

斜角筋症候群の症状は、圧迫される神経や血管の種類、圧迫の程度によって異なりますが、代表的な症状は以下の通りです。

  • 腕や手の痺れ、痛み:神経が圧迫されることで、腕や手、特に薬指と小指に痺れや痛みを感じることがあります。
  • 腕や手の冷え、蒼白:血管が圧迫されることで、血行不良が起こり、腕や手が冷たくなったり、青白くなったりすることがあります。
  • 腕や手のむくみ:血管が圧迫されることで、静脈の血流が滞り、腕や手がむくむことがあります。
  • 腕や手の脱力感:神経が圧迫されることで、腕や手の筋肉が弱くなり、力が入りにくくなることがあります。
  • 首や肩の痛み:斜角筋の緊張によって、首や肩に痛みを感じることもあります。

これらの症状は、日常生活に支障をきたすだけでなく、放置すると症状が悪化し、日常生活に大きな影響を与える可能性があります。

斜角筋症候群の原因

斜角筋症候群は、様々な要因が複雑に絡み合って発症すると考えられていますが、主な原因は以下の通りです。

  1. 姿勢の悪さ
    • 猫背やストレートネックなど、長時間の悪い姿勢は、斜角筋に負担をかけ、緊張を招きやすくなります。
    • デスクワークやスマートフォンの長時間使用は、特に注意が必要です。
  2. なで肩
    • 肩甲骨の位置が下がっているなで肩の人は、斜角筋が引っ張られやすく、緊張しやすくなります。
  3. 重い荷物を持つ
    • 重い荷物を持つと、斜角筋に負担がかかり、緊張を招きやすくなります。
  4. 精神的なストレス
    • ストレスは、筋肉の緊張を招きやすく、斜角筋症候群のリスクを高める可能性があります。
  5. 首の怪我
    • 交通事故やスポーツなどによる首の怪我は、斜角筋にダメージを与え、斜角筋症候群を引き起こすことがあります。

斜角筋症候群の改善策

斜角筋症候群の治療法は、症状の程度や原因によって異なりますが、主な改善策は以下の通りです。

  1. 保存療法
    • 薬物療法:痛み止めや炎症を抑える薬、筋肉の緊張を和らげる薬などが処方されます。
    • リハビリテーション:首や肩の筋肉をほぐすマッサージやストレッチ、姿勢を改善する運動療法などが行われます。
    • 物理療法:温熱療法や電気療法など、物理的な刺激によって痛みを和らげたり、血行を改善したりする治療法です。
  2. 手術療法
    • 保存療法で効果が得られない場合や、重症の場合に検討されます。
    • 斜角筋を切断したり、神経や血管を圧迫している部分を広げたりする手術が行われます。
  3. 日常生活での注意点
    • 正しい姿勢を意識する:猫背やストレートネックにならないよう、正しい姿勢を心がけましょう。
    • 適度な運動:首や肩の筋肉をほぐすストレッチや、姿勢を改善する運動を習慣にしましょう。
    • 長時間の同じ姿勢を避ける:デスクワークやスマートフォンの長時間使用は避け、こまめに休憩を取りましょう。
    • 重い荷物を避ける:できるだけ重い荷物を持つことを避け、リュックサックなど、両肩で均等に荷重を分散できるカバンを使用しましょう。
    • ストレスを解消する:ストレスは、筋肉の緊張を招きやすく、斜角筋症候群のリスクを高めるため、リラックスできる時間を作るなど、ストレスを解消する工夫をしましょう。

当院では、斜角筋症候群の原因を特定し、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。