【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

「ド・ケルバン病」ってどんな病気?その原因と症状、改善策を徹底解説!

親指の付け根が痛い、腫れている、動かしにくい…。もしかして、それは「ド・ケルバン病」のサインかもしれません。ド・ケルバン病は、手首の親指側にある腱鞘炎の一種で、日常生活に支障をきたすことがあります。

今回は、ド・ケルバン病について詳しく解説し、その原因、症状、そして改善策をご紹介します。早期発見・早期治療が重要なド・ケルバン病、一緒に正しい知識を身につけ、辛い症状から解放されましょう。

ド・ケルバン病とは?

ド・ケルバン病とは、手首の親指側にある2つの腱(短母指伸筋腱と長母指外転筋腱)と、それらを包む腱鞘(けんしょう)に炎症が起こることで、親指の付け根に痛みや腫れ、運動障害などを引き起こす疾患です。

腱鞘は、腱がスムーズに動くためのトンネルのような役割を果たしていますが、炎症によって腱鞘が腫れたり、厚くなったりすることで、腱の動きが悪くなり、摩擦が生じて痛みが発生します。

ド・ケルバン病の症状

ド・ケルバン病の症状は、炎症の程度や期間によって異なりますが、代表的な症状は以下の通りです。

  • 親指の付け根の痛み:親指を動かしたり、手首を曲げたり伸ばしたりする際に、親指の付け根に痛みを感じます。
  • 親指の付け根の腫れ:炎症によって、親指の付け根が腫れることがあります。
  • 親指の運動障害:親指を動かしにくくなったり、握力が低下したりすることがあります。
  • 親指の付け根の熱感:炎症によって、親指の付け根が熱っぽく感じることもあります。

これらの症状は、日常生活に支障をきたすだけでなく、放置すると症状が悪化し、慢性的な痛みに悩まされる可能性があります。

ド・ケルバン病の原因

ド・ケルバン病は、様々な要因が複雑に絡み合って発症すると考えられていますが、主な原因は以下の通りです。

  1. 使い過ぎ
    • パソコンやスマートフォンの長時間使用、家事や育児、スポーツなど、親指や手首を繰り返し使う動作は、腱鞘に負担をかけ、ド・ケルバン病のリスクを高めます。
    • 特に、親指を伸ばしたり、手首を反らしたりする動作は、腱鞘に摩擦を生じさせやすいです。
  2. ホルモンバランスの変化
    • 妊娠、出産、閉経など、女性ホルモンのバランスが変化する時期に、ド・ケルバン病を発症しやすくなります。
    • ホルモンバランスの変化によって、腱鞘が腫れやすくなるためと考えられています。
  3. 関節リウマチ
    • 関節リウマチは、全身の関節に炎症が起こる病気で、手首の関節にも炎症が起こることがあります。
    • 手首の関節の炎症が、腱鞘にも波及し、ド・ケルバン病を引き起こすことがあります。
  4. 手首の骨折や捻挫
    • 手首の骨折や捻挫は、腱鞘を傷つけたり、炎症を引き起こしたりすることで、ド・ケルバン病のリスクを高めることがあります。

ド・ケルバン病になりやすい人の特徴

ド・ケルバン病は、以下のような特徴を持つ人に発症しやすいと言われています。

  • 30~50代の女性:女性ホルモンの影響を受けやすい年代です。
  • 妊娠中や産後の女性:ホルモンバランスが大きく変化する時期です。
  • 更年期の女性:エストロゲン(女性ホルモン)の分泌が減少する時期です。
  • 手首や親指をよく使う人:パソコン作業が多い人、スマートフォンをよく使う人、家事や育児で手をよく使う人、スポーツ選手など。
  • 関節リウマチの人:手首の関節に炎症が起こりやすい病気です。

ド・ケルバン病の改善策

ド・ケルバン病の治療法は、症状の程度や原因によって異なりますが、主な改善策は以下の通りです。

  1. 保存療法
    • 安静:親指と手首を安静にすることが大切です。サポーターや装具で固定することも有効です。
    • 薬物療法:痛み止めや炎症を抑える薬が処方されます。
    • ステロイド注射:腱鞘内にステロイドを注射することで、炎症を抑え、痛みを和らげることができます。
    • リハビリテーション:手首や親指のストレッチ、マッサージ、温熱療法など、物理的な刺激によって症状を改善する治療法です。
  2. 手術療法
    • 保存療法で効果が得られない場合や、症状が進行している場合に検討されます。
    • 腱鞘を切開し、腱の動きをスムーズにする手術が行われます。

日常生活での注意点

ド・ケルバン病の予防や再発防止のためには、以下の点に注意しましょう。

  • 親指と手首の使い過ぎに注意する:パソコンやスマートフォンの長時間使用は避け、こまめに休憩を取りましょう。
  • 親指と手首を温める:親指と手首を温めることで、血行が促進され、症状が緩和されることがあります。
  • 親指と手首を冷やさない:親指と手首を冷やすと、血行が悪くなり、症状が悪化することがあります。
  • 正しい姿勢を意識する:猫背や前かがみは、手首に負担をかけるため、正しい姿勢を心がけましょう。
  • サポーターやテーピングで固定する:親指と手首を固定することで、腱鞘への負担を軽減することができます。

当院では、ド・ケルバン病の原因を特定し、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。