【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

「閉鎖神経痛」って一体何?その原因と症状、改善策を徹底解説!

太ももの内側や股関節に痛みやしびれを感じていませんか?それはもしかすると、「閉鎖神経痛」のサインかもしれません。閉鎖神経痛は、太ももの内側の感覚や運動を支配する閉鎖神経が圧迫されたり、刺激されたりすることで起こる疾患です。

今回は、閉鎖神経痛について詳しく解説し、その原因、症状、そして改善策をご紹介します。あまり知られていない閉鎖神経痛、一緒に正しい知識を身につけ、辛い症状から解放されましょう。

閉鎖神経痛とは?

閉鎖神経痛とは、腰椎(腰の骨)から分岐し、骨盤の内側を通って太ももの内側へと伸びる閉鎖神経が、何らかの原因で圧迫されたり、刺激されたりすることで、太ももの内側や股関節に痛みやしびれなどの症状を引き起こす疾患です。

閉鎖神経は、太ももの内側の皮膚感覚や、太ももを内側に閉じる筋肉(内転筋)の運動を支配しています。この神経が圧迫されると、その支配領域に痛みやしびれ、筋力低下などの症状が現れます。

閉鎖神経痛の症状

閉鎖神経痛の症状は、圧迫の程度や期間、原因によって異なりますが、代表的な症状は以下の通りです。

  • 太ももの内側の痛み、しびれ:太ももの内側に、鋭い痛みや刺すような痛み、焼けるような痛み、電気が走るような痛み、しびれを感じることがあります。
  • 股関節の痛み:閉鎖神経は股関節にも分布しているため、股関節に痛みを感じることがあります。
  • 太ももの内側の感覚異常:太ももの内側の皮膚の感覚が鈍くなったり、触った感じが変に感じたりすることがあります。
  • 太ももを内側に閉じる力の低下:閉鎖神経は、太ももを内側に閉じる筋肉(内転筋)を支配しているため、閉鎖神経痛になると、太ももを内側に閉じる力が弱くなることがあります。
  • 歩行障害:太ももを内側に閉じる力が弱くなると、歩行時に脚が開きやすくなったり、バランスが取りにくくなったりすることがあります。

これらの症状は、日常生活に支障をきたすだけでなく、放置すると症状が悪化し、歩行困難や筋力低下などの後遺症を残す可能性があります。

閉鎖神経痛の原因

閉鎖神経痛は、様々な要因が複雑に絡み合って発症すると考えられていますが、主な原因は以下の通りです。

  1. 骨盤内の腫瘍や炎症
    • 骨盤内に腫瘍や炎症が起こると、閉鎖神経が圧迫され、閉鎖神経痛を引き起こすことがあります。
    • 子宮筋腫や卵巣嚢腫、骨盤内炎症性疾患などが原因となることがあります。
  2. 手術や外傷
    • 股関節や骨盤の手術、スポーツ外傷、転倒などによる外傷は、閉鎖神経を損傷し、閉鎖神経痛を引き起こすことがあります。
  3. 妊娠・出産
    • 妊娠中の胎児の成長や出産時の圧迫によって、閉鎖神経が圧迫され、閉鎖神経痛を引き起こすことがあります。
  4. 股関節の変形
    • 変形性股関節症など、股関節の変形によって、閉鎖神経が圧迫され、閉鎖神経痛を引き起こすことがあります。
  5. 糖尿病
    • 糖尿病は、高血糖状態が続くことで神経が障害され、閉鎖神経痛を引き起こすことがあります。

閉鎖神経痛になりやすい人の特徴

閉鎖神経痛は、以下のような特徴を持つ人に発症しやすいと言われています。

  • 女性:妊娠・出産や骨盤内の腫瘍など、女性特有の要因によって閉鎖神経痛が起こりやすいため、女性に多く見られます。
  • 中高年:加齢とともに神経が圧迫されやすくなるため、中高年に多く見られます。
  • スポーツ選手:股関節を酷使するスポーツをしている人は、閉鎖神経を損傷しやすく、閉鎖神経痛のリスクが高まります。
  • 手術を受けた人:股関節や骨盤の手術を受けた人は、手術中の神経損傷によって閉鎖神経痛を発症することがあります。
  • 糖尿病の人:糖尿病は、神経障害を引き起こしやすいため、閉鎖神経痛のリスクが高まります。

閉鎖神経痛の改善策

閉鎖神経痛の治療法は、原因や症状の程度によって異なりますが、主な改善策は以下の通りです。

  1. 保存療法
    • 安静:閉鎖神経に負担をかける動作を控え、安静にすることが大切です。
    • 薬物療法:痛み止めや炎症を抑える薬、神経の働きを改善する薬などが処方されます。
    • 神経ブロック注射:痛みが強い場合、神経に直接麻酔薬を注射する神経ブロック注射が行われることがあります。
    • リハビリテーション:ストレッチや筋力トレーニング、温熱療法、電気療法などが、痛みを和らげたり、血行を改善したりする効果があります。
  2. 手術療法
    • 保存療法で効果が得られない場合や、原因疾患が進行している場合に検討されます。
    • 腫瘍や骨折など、閉鎖神経を圧迫している原因を取り除く手術が行われます。

日常生活での注意点

閉鎖神経痛の予防や再発防止のためには、以下の点に注意しましょう。

  • 正しい姿勢を意識する:猫背や反り腰は、骨盤や股関節に負担をかけるため、正しい姿勢を心がけましょう。
  • 適度な運動:適度な運動は、血行を促進し、筋肉を強化するため、閉鎖神経痛の予防に効果的です。
  • ストレッチ:太もも内側の筋肉や股関節周りの筋肉をストレッチすることで、閉鎖神経の圧迫を軽減することができます。
  • 体重管理:体重が増えると骨盤や股関節への負担が増えるため、適正体重を維持しましょう。
  • 無理な動作を避ける:重い物を持ち上げたり、急に身体をひねったりするなどの無理な動作は避けましょう。

当院では、閉鎖神経痛の原因を特定し、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。