【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

「偏頭痛」とは?その原因と症状、改善策を徹底解説!

ズキズキ、ガンガンと脈打つような激しい頭痛に悩まされていませんか?それは、「偏頭痛」かもしれません。偏頭痛は、頭の片側、もしくは両側に起こる激しい頭痛で、吐き気や嘔吐、光や音過敏などを伴うこともあります。

今回は、偏頭痛について詳しく解説し、その原因、症状、そして改善策をご紹介します。適切な対処法を知ることで、偏頭痛の頻度や程度を軽減することができます。一緒に正しい知識を身につけ、辛い痛みから解放されましょう。

偏頭痛とは?

偏頭痛とは、頭の片側または両側に、ズキズキ、ガンガンと脈打つような激しい痛みが起こる頭痛です。吐き気や嘔吐、光や音、匂いに対する過敏性を伴うこともあります。

偏頭痛は、女性に多く、20代から40代に最も多く発症します。しかし、子供や高齢者でも発症することがあります。偏頭痛は、日常生活や仕事に支障をきたすだけでなく、放置すると症状が悪化し、慢性的な頭痛に悩まされる可能性もあります。

偏頭痛の症状

偏頭痛の症状は、人によって異なりますが、代表的な症状は以下の通りです。

  • 頭痛:ズキズキ、ガンガンと脈打つような激しい痛みが、頭の片側または両側に起こります。
  • 吐き気、嘔吐:頭痛とともに、吐き気や嘔吐を伴うことがあります。
  • 光過敏:光がまぶしく感じたり、光を見ると痛みが悪化したりすることがあります。
  • 音過敏:音がうるさく感じたり、音によって痛みが悪化したりすることがあります。
  • 匂い過敏:特定の匂いに対して敏感になり、不快感を感じることがあります。
  • その他の症状:肩こり、首こり、めまい、視界の異常などを伴うこともあります。

偏頭痛の症状は、数時間から数日間続くことがあります。また、症状が出る前に、前兆と呼ばれる視覚的な異常(閃輝暗点など)や、身体の痺れなどを経験することもあります。

偏頭痛の原因

偏頭痛の詳しい原因は、まだ完全には解明されていませんが、以下の要因が複雑に絡み合って発症すると考えられています。

脳血管の拡張

  • 何らかの原因で脳の血管が拡張し、炎症物質が放出されることで、偏頭痛が起こると考えられています。

三叉神経の活性化

  • 三叉神経は、顔面や頭部の感覚を伝える神経で、血管の拡張によって刺激されると、偏頭痛を引き起こすことがあります。

セロトニンの変動

  • セロトニンは、神経伝達物質の一種で、血管の収縮に関与しています。セロトニンの分泌量が減少すると、血管が拡張し、偏頭痛が起こりやすくなります。

遺伝的要因

  • 偏頭痛は、遺伝的な要因も関与していると考えられています。家族に偏頭痛の人がいる場合、発症リスクが高まります。

その他の要因

  • ストレス:精神的なストレスは、偏頭痛の誘発因子となることがあります。
  • ホルモンバランスの変化:月経周期や排卵期など、女性ホルモンのバランスが変化する時期に、偏頭痛が起こりやすくなります。
  • 睡眠不足:睡眠不足は、自律神経のバランスを乱し、偏頭痛のリスクを高める可能性があります。
  • 特定の食品:チョコレート、チーズ、赤ワイン、柑橘類など、特定の食品が偏頭痛を誘発することがあります。
  • 気象の変化:気圧の変化や天候の変化によって、偏頭痛が起こりやすくなることがあります。

偏頭痛の改善策

偏頭痛の治療法は、症状の程度や頻度、原因によって異なりますが、主な改善策は以下の通りです。

薬物療法

  • 鎮痛薬:市販の鎮痛薬や、医師から処方される鎮痛薬があります。
  • トリプタン製剤:脳の血管を収縮させる作用があり、偏頭痛の特効薬として知られています。
  • 予防薬:偏頭痛の頻度や程度を軽減するために、予防薬が処方されることがあります。

その他の治療法

  • 鍼灸治療:鍼灸治療は、血行を促進し、筋肉の緊張を和らげる効果があります。
  • マッサージ:首や肩のマッサージは、筋肉の緊張をほぐし、偏頭痛の予防に効果がある場合があります。
  • リラックス法:ヨガや瞑想など、リラックス効果のある方法を試すことで、ストレスを軽減し、偏頭痛を予防することができます。

日常生活での注意点

  • 規則正しい生活:十分な睡眠、バランスの取れた食事、適度な運動は、偏頭痛の予防に役立ちます。
  • ストレスを溜めない:ストレスは、偏頭痛の誘発因子となるため、リラックスできる時間を作るなど、ストレスを解消する工夫をしましょう。
  • 誘発因子を避ける:チョコレート、チーズ、赤ワインなど、偏頭痛を誘発する可能性のある食品は、なるべく控えましょう。
  • 頭痛ダイアリーをつける:頭痛が起こった日時、症状、その日の状況などを記録することで、自分の偏頭痛の傾向を知り、予防に役立てることができます。

当院では、偏頭痛の原因を特定し、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。