【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

「筋萎縮」とは?その原因と症状、改善策を徹底解説!

手足の筋肉が痩せて細くなってきた、力が入りにくい…それは、「筋萎縮」のサインかもしれません。筋萎縮は、筋肉がやせて細くなることで、筋力低下や運動障害を引き起こす状態です。

今回は、筋萎縮について詳しく解説し、その原因、症状、そして改善策をご紹介します。筋萎縮は、早期発見・早期治療が重要です。一緒に正しい知識を身につけ、適切な対処法を知りましょう。

筋萎縮とは?

筋萎縮とは、筋肉がやせて細くなる状態を指します。筋肉を構成する筋線維が減少したり、細くなったりすることで、筋肉全体の体積が減少し、筋力低下や運動障害を引き起こします。

筋萎縮は、様々な原因によって引き起こされますが、特に加齢や神経系の病気、運動不足などが主な原因として挙げられます。また、特定の筋肉だけが萎縮する場合もあれば、全身の筋肉が萎縮する場合もあります。

筋萎縮の症状

筋萎縮の症状は、原因や萎縮の程度によって異なりますが、代表的な症状は以下の通りです。

  • 筋肉の痩せ:筋肉が細くなり、力が入りにくくなります。
  • 筋力低下:筋肉が痩せることで、筋力が低下し、運動能力が低下します。
  • 疲れやすさ:少し動いただけでも疲れやすくなります。
  • つり:筋肉が痙攣し、痛みが生じることがあります。
  • 痛み:筋肉が痩せることで、関節や骨に負担がかかり、痛みが生じることがあります。
  • 運動障害:筋肉が痩せることで、細かい動作がしにくくなったり、歩行が困難になったりすることがあります。

これらの症状は、日常生活や仕事に支障をきたすだけでなく、放置すると症状が悪化し、寝たきりになってしまう可能性もあります。

筋萎縮の原因

筋萎縮は、様々な原因によって引き起こされます。主な原因は以下の通りです。

加齢

  • 加齢とともに、筋肉を作るためのホルモンの分泌が減少し、筋線維が細くなったり、数が減ったりすることで、筋萎縮が起こります。

神経系の病気

  • 脊髄性筋萎縮症(SMA):脊髄にある運動神経細胞が変性することで、筋肉が徐々に萎縮していく遺伝性の病気です。
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS):脳や脊髄にある運動神経細胞が変性することで、筋肉が徐々に萎縮していく難病です。
  • 多発性硬化症:脳や脊髄の神経が障害される病気で、筋萎縮や筋力低下、感覚障害などを引き起こします。
  • ギラン・バレー症候群:末梢神経が障害される病気で、筋力低下や麻痺、感覚障害などを引き起こします。

運動不足

  • 長期間の安静や寝たきり状態、ギプス固定などによって、筋肉を使わない状態が続くと、筋萎縮が起こります。

その他

  • 栄養不良:タンパク質やビタミンなどの栄養不足は、筋肉の合成を妨げ、筋萎縮を引き起こすことがあります。
  • 薬の副作用:ステロイド剤など、一部の薬剤は、筋萎縮を引き起こす副作用があります。
  • 遺伝性疾患:筋ジストロフィーなど、一部の遺伝性疾患では、筋萎縮が起こりやすくなります。

筋萎縮の種類

筋萎縮は、原因や症状によっていくつかの種類に分けられます。代表的な種類は以下の通りです。

  • 神経原性筋萎縮:神経系の病気によって起こる筋萎縮です。
  • 廃用性筋萎縮:筋肉を使わないことによって起こる筋萎縮です。
  • 筋ジストロフィー:遺伝性の筋疾患で、筋肉が徐々に萎縮していく病気です。

筋萎縮の改善策

筋萎縮の治療法は、原因や症状の程度によって異なりますが、主な改善策は以下の通りです。

薬物療法

  • 原因疾患に対する治療:神経系の病気や遺伝性疾患が原因の場合は、その病気に対する治療を行います。
  • 筋萎縮を遅らせる薬:筋萎縮の進行を遅らせる薬が処方されることがあります。

リハビリテーション

  • 運動療法:理学療法士などの専門家による指導のもと、筋力トレーニングやストレッチなどを行います。
  • 電気療法:電気刺激によって、筋肉を刺激し、筋力低下を改善する効果があります。

その他の治療法

  • 栄養療法:タンパク質やビタミンなどの栄養を十分に摂取することで、筋肉の合成を促進し、筋萎縮を改善する効果があります。
  • 温熱療法:温熱療法は、血行を促進し、筋肉の緊張を和らげる効果があります。

日常生活での注意点

筋萎縮の予防や進行を遅らせるためには、以下の点に注意しましょう。

  • 適度な運動:適度な運動は、筋肉を維持・強化するために重要です。ウォーキングや軽い筋トレなど、無理のない範囲で体を動かすようにしましょう。
  • バランスの取れた食事:タンパク質やビタミンなどの栄養を十分に摂取し、筋肉の合成を促進しましょう。
  • 身体を冷やさない:身体を冷やすと、血行が悪くなり、筋肉の機能が低下することがあります。
  • 規則正しい生活:十分な睡眠と休息を取り、ストレスを溜めないようにしましょう。

当院では、筋萎縮の原因を特定し、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。