【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

「冷え性」とは?その原因と症状、改善策を徹底解説!

「手足がいつも冷たい」「冬だけでなく夏でも冷える」…そんな悩みを抱えていませんか?それは、「冷え性」かもしれません。冷え性は、特に女性に多く見られる症状で、放置すると様々な不調を引き起こす可能性があります。

今回は、冷え性について詳しく解説し、その原因、症状、そして改善策をご紹介します。冷え性は、体質だからと諦めずに、適切な対策を行うことで改善できます。一緒に正しい知識を身につけ、冷え知らずの体を目指しましょう。

冷え性とは?

冷え性とは、体内の熱が十分に作られなかったり、作られた熱がうまく運ばれないために、手足や腰など、身体の一部または全身が冷えてしまう状態を指します。

冷え性は、自覚症状がある場合とない場合があります。自覚症状としては、手足の冷え、腰やお腹の冷え、肩こり、頭痛、生理痛の悪化などが挙げられます。

冷え性の症状

冷え性の症状は、人によって異なりますが、代表的な症状は以下の通りです。

  • 手足の冷え:最も一般的な症状で、特に指先や足先が冷たくなります。
  • 腰やお腹の冷え:腰やお腹が冷え、下痢や便秘、生理痛などを悪化させることがあります。
  • 肩こり:肩や首の血行が悪くなり、肩こりが起こりやすくなります。
  • 頭痛:頭部の血行が悪くなり、頭痛が起こりやすくなります。
  • 生理痛の悪化:血行不良によって、生理痛がひどくなることがあります。
  • むくみ:血行不良によって、水分が体内に溜まりやすくなり、むくみが生じることがあります。
  • 肌荒れ:血行不良によって、肌に栄養や酸素が行き渡りにくくなり、肌荒れを引き起こすことがあります。
  • 便秘:腸の動きが悪くなり、便秘になりやすくなります。
  • 免疫力の低下:体温が低いと、免疫力が低下し、風邪などを引きやすくなります。

これらの症状は、日常生活に支障をきたすだけでなく、放置すると症状が悪化し、様々な病気を引き起こすリスクが高まります。

冷え性の原因

冷え性は、様々な要因が複雑に絡み合って起こると考えられていますが、主な原因は以下の通りです。

血液循環の悪さ

  • 運動不足:運動不足は、筋肉量の低下や血行不良を引き起こし、冷え性の原因となります。
  • 筋肉量の低下:筋肉は、熱を産生する働きがあるため、筋肉量が少ないと冷えやすくなります。
  • 自律神経の乱れ:ストレスや不規則な生活は、自律神経のバランスを乱し、血管の収縮を引き起こすため、冷え性の原因となります。
  • 低血圧:血圧が低いと、血液を全身に送る力が弱まり、冷えやすくなります。

ホルモンバランスの乱れ

  • 女性ホルモンの減少:女性ホルモンには、血管を拡張させ、血行を促進する作用があります。更年期などで女性ホルモンが減少すると、冷えやすくなります。
  • 甲状腺機能低下症:甲状腺ホルモンは、代謝を活発にする働きがあるため、甲状腺機能が低下すると、代謝が低下し、冷えやすくなります。

その他の要因

  • 食生活の乱れ:冷たい食べ物や飲み物の過剰摂取、栄養バランスの偏った食事は、身体を冷やす原因となります。
  • ストレス:ストレスは、自律神経のバランスを乱し、血行不良を引き起こすため、冷え性の原因となります。
  • 睡眠不足:睡眠不足は、自律神経のバランスを乱し、体温調節機能を低下させるため、冷え性の原因となります。
  • 薄着:寒い時期に薄着をすることは、身体を冷やし、冷え性を悪化させる原因となります。

冷え性を改善するための対策

冷え性を改善するためには、原因に合わせた適切な対策が必要です。

運動療法

  • 有酸素運動:ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動は、血行を促進し、筋肉量を増やす効果があります。
  • 筋力トレーニング:スクワットや腹筋運動など、下半身や体幹の筋力トレーニングは、基礎代謝を上げ、冷えにくい体作りに役立ちます。
  • ストレッチ:ストレッチは、筋肉の柔軟性を高め、血行を促進する効果があります。

食事療法

  • 身体を温める食材を摂る:生姜、ネギ、唐辛子、根菜類など、身体を温める効果のある食材を積極的に摂りましょう。
  • ビタミンEを多く含む食品を摂る:ビタミンEは、血行を促進する効果があります。アーモンド、アボカド、かぼちゃなどを摂りましょう。
  • 鉄分を多く含む食品を摂る:鉄分は、血液を作るために必要な栄養素です。レバー、ほうれん草、ひじきなどを摂りましょう。

温活

  • 入浴:シャワーだけでなく、湯船に浸かることで、身体を芯から温めることができます。
  • 足湯:足湯は、手軽にできる温活法です。
  • 腹巻やレッグウォーマー:お腹や足元を温めることで、全身の血行を促進することができます。
  • 温かい飲み物:白湯や生姜湯など、温かい飲み物を飲むことで、身体を内側から温めることができます。

その他の対策

  • ストレス解消:リラックスできる時間を作る、趣味を楽しむなど、ストレスを解消する工夫をしましょう。
  • 十分な睡眠:睡眠は、疲労回復やホルモンバランスの調整に不可欠です。毎日7時間程度の睡眠時間を確保しましょう。
  • 禁煙:喫煙は、血管を収縮させ、血行不良を引き起こすため、禁煙することが大切です。

当院では、冷え性の原因を特定し、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。