【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

「上腕骨内側上顆炎」とは?その原因と症状、改善策を徹底解説!

肘の内側に痛みを感じていませんか?それは、「上腕骨内側上顆炎」かもしれません。上腕骨内側上顆炎は、野球やゴルフなど、手首や指を曲げる動作を繰り返すスポーツをする人に多く見られますが、日常生活での動作や仕事でも発症する可能性があります。

今回は、上腕骨内側上顆炎について詳しく解説し、その原因、症状、そして改善策をご紹介します。適切な対処法を知ることで、痛みを和らげ、日常生活やスポーツ活動を快適に過ごすことができます。一緒に正しい知識を身につけ、肘の痛みから解放されましょう。

上腕骨内側上顆炎とは?

上腕骨内側上顆炎とは、肘の内側にある骨の出っ張り(上腕骨内側上顆)に付着する筋肉や腱に炎症が起こることで、肘の内側に痛みや圧痛を引き起こす疾患です。

この炎症は、手首や指を曲げる筋肉(円回内筋、橈側手根屈筋、尺側手根屈筋など)の使いすぎや、繰り返し行う動作によって引き起こされます。野球やゴルフなどのスポーツだけでなく、パソコン作業や重い荷物を持つなどの日常生活動作でも発症する可能性があります。

上腕骨内側上顆炎の症状

上腕骨内側上顆炎の主な症状は以下の通りです。

  • 肘の内側の痛み:肘の内側にある骨の出っ張り(上腕骨内側上顆)周辺に痛みを感じます。
  • 圧痛:上腕骨内側上顆を押すと痛みを感じます。
  • 握力の低下:痛みのために、握力が低下することがあります。
  • 手首や指の動きに制限:手首や指を曲げると痛みが悪化することがあります。
  • 日常生活動作の制限:ドアノブを回す、タオルを絞る、フライパンを持つなどの動作で痛みが生じ、日常生活に支障をきたすことがあります。

これらの症状は、初期には軽度であることが多く、安静にしていると痛みが和らぐこともありますが、放置すると症状が悪化し、慢性的な痛みに悩まされる可能性があります。

上腕骨内側上顆炎の原因

上腕骨内側上顆炎は、様々な要因が複雑に絡み合って発症すると考えられていますが、主な原因は以下の通りです。

スポーツ

  • 野球:投球動作やバッティングの繰り返しによって、手首や指を曲げる筋肉に負担がかかり、炎症が起こりやすくなります。
  • ゴルフ:スイングのインパクト時に、手首や指を曲げる筋肉に負担がかかり、炎症が起こりやすくなります。
  • その他:握力を使うスポーツ(ウェイトリフティング、クライミングなど)や、手首を繰り返し使うスポーツ(卓球、バドミントンなど)でも発症する可能性があります。

日常生活動作

  • パソコン作業:キーボードやマウスを長時間操作するなど、手首や指を繰り返し使う動作は、上腕骨内側上顆炎のリスクを高めます。
  • 家事:料理、洗濯、掃除など、手首や指を繰り返し使う家事は、上腕骨内側上顆炎の原因となることがあります。
  • 重い荷物を持つ:重い荷物を持つと、手首や指を曲げる筋肉に負担がかかり、炎症が起こりやすくなります。

仕事

  • 同じ動作の繰り返し:工場でのライン作業や、美容師、調理師など、手首や指を繰り返し使う仕事は、上腕骨内側上顆炎のリスクを高めます。
  • 振動工具の使用:振動工具を長時間使用すると、手首や指に負担がかかり、炎症が起こりやすくなります。

その他

  • 加齢:加齢とともに、腱や筋肉が衰え、損傷しやすくなるため、上腕骨内側上顆炎のリスクが高まります。
  • 遺伝的要因:上腕骨内側上顆炎は、遺伝的な要因も関与していると考えられています。

上腕骨内側上顆炎の改善策

上腕骨内側上顆炎の治療法は、症状の程度や原因によって異なりますが、主な改善策は以下の通りです。

保存療法

  • 安静:痛みが強い場合は、手首や指の動きを制限し、安静にすることが大切です。
  • 冷却:炎症が強い場合は、アイシングなどで患部を冷やすことで、痛みや腫れを抑えることができます。
  • 圧迫:サポーターやテーピングなどで肘を固定することで、痛みを軽減し、炎症の悪化を防ぐことができます。
  • 薬物療法:痛み止めや炎症を抑える薬が処方されることがあります。
  • リハビリテーション:理学療法士などの専門家による指導のもと、ストレッチや筋力トレーニングなどを行います。

その他の治療法

  • 体外衝撃波治療:衝撃波を患部に当てることで、痛みの軽減や組織の修復を促す治療法です。
  • PRP療法(多血小板血漿療法):自分の血液から抽出した多血小板血漿を患部に注射することで、組織の修復を促進する治療法です。

日常生活での注意点

上腕骨内側上顆炎の予防や再発防止のためには、以下の点に注意しましょう。

  • 手首や指の使い過ぎに注意する:パソコン作業や手作業など、手首や指を繰り返し使う場合は、こまめに休憩を取りましょう。
  • 正しいフォームで運動する:野球やゴルフなどのスポーツをする際は、正しいフォームで運動し、無理な力を加えないようにしましょう。
  • ストレッチ:手首や指のストレッチを習慣化することで、筋肉の柔軟性を高め、ケガの予防に繋がります。
  • 適切な道具を選ぶ:野球のバットやゴルフクラブなど、自分に合った道具を選ぶことも大切です。
  • 痛みが続く場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

当院では、上腕骨内側上顆炎の原因を特定し、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。