【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

「扁平足」とは?その原因と症状、改善策を徹底解説!

「足の裏が疲れやすい」「足がむくみやすい」「外反母趾や膝痛に悩んでいる」…このような悩みはありませんか?それは、「扁平足」が原因かもしれません。扁平足は、土踏まずのアーチが低下している状態の足で、様々な足のトラブルを引き起こす可能性があります。

今回は、扁平足について詳しく解説し、その原因、症状、そして改善策をご紹介します。扁平足は、適切なケアと対策を行うことで、症状を改善し、健康な足を取り戻すことができます。一緒に正しい知識を身につけ、快適な生活を送りましょう。

扁平足とは?

扁平足とは、土踏まずのアーチが低下し、足の裏全体が地面に着いてしまう状態の足を指します。正常な足は、土踏まずのアーチがクッションの役割を果たし、歩行や走行時の衝撃を吸収しています。

しかし、扁平足では、このアーチが低下しているため、衝撃吸収能力が低下し、足や足首、膝、腰などに負担がかかりやすくなります。その結果、様々な足のトラブルや身体の不調を引き起こす可能性があります。

扁平足の種類

扁平足は、以下の2つのタイプに分けられます。

  1. 柔軟性扁平足
    • 体重がかかっていない状態では、土踏まずのアーチがありますが、体重をかけるとアーチが消失するタイプです。
    • 子供や若い人に多く見られ、成長とともに改善することもあります。
  2. 硬性扁平足
    • 体重をかけても、土踏まずのアーチがほとんどないタイプです。
    • 骨の異常や関節の変形などが原因で起こることが多く、放置すると症状が悪化する可能性があります。

扁平足の症状

扁平足の症状は、個人差がありますが、代表的な症状は以下の通りです。

  • 足の裏の疲れやすさ:土踏まずのアーチが低下しているため、歩行や立位時の衝撃が吸収されにくく、足の裏が疲れやすくなります。
  • 足の痛み:足の裏や足首、膝、腰などに痛みを感じる場合があります。
  • 足のむくみ:足の裏の筋肉が疲労し、血行が悪くなることで、足がむくみやすくなります。
  • 外反母趾:扁平足は、足の親指が外側に曲がる外反母趾のリスクを高めます。
  • 膝痛:扁平足は、膝関節にかかる負担を増大させ、膝痛を引き起こすことがあります。
  • 腰痛:扁平足は、姿勢が悪くなる原因となり、腰痛を引き起こすことがあります。

扁平足の原因

扁平足は、様々な原因によって引き起こされます。主な原因は以下の通りです。

先天的な要因

  • 遺伝:両親が扁平足の場合、子供も扁平足になる可能性が高くなります。
  • 靭帯の緩み:生まれつき靭帯が緩い人は、扁平足になりやすい傾向があります。
  • 骨の異常:生まれつき足の骨に異常がある場合、扁平足になることがあります。

後天的な要因

  • 加齢:加齢とともに、足の裏の筋肉や靭帯が衰え、土踏まずのアーチが低下しやすくなります。
  • 肥満:体重が増えると、足の裏にかかる負担が増え、扁平足のリスクが高まります。
  • 長時間立ち仕事や歩行:足の裏の筋肉や靭帯に負担をかけ続けることで、扁平足になることがあります。
  • 不適切な靴:ヒールが高い靴や、足に合わない靴は、足の裏の筋肉や靭帯に負担をかけ、扁平足を悪化させることがあります。
  • ケガや病気:足首の捻挫や骨折、関節リウマチなどの病気によって、扁平足になることがあります。

扁平足の改善策

扁平足の改善策は、その程度や原因によって異なりますが、主な改善策は以下の通りです。

柔軟性扁平足の場合

  • 足の筋力トレーニング:足の裏の筋肉を鍛えることで、土踏まずのアーチをサポートすることができます。
  • ストレッチ:ふくらはぎやアキレス腱のストレッチは、足関節の柔軟性を高め、扁平足の改善に役立ちます。
  • インソール療法:足底板(インソール)を使用して、土踏まずのアーチをサポートし、足への負担を軽減します。

硬性扁平足の場合

  • インソール療法:足底板(インソール)を使用して、足や足首のアーチをサポートし、痛みを軽減します。
  • リハビリテーション:理学療法士などの専門家による指導のもと、足関節の可動域訓練や筋力トレーニングなどを行います。
  • 手術療法:重度の扁平足や、保存療法で効果が得られない場合に検討されます。

日常生活での注意点

扁平足の予防や改善のためには、以下の点に注意しましょう。

  • 適切な靴選び:足に合った靴を選び、ヒールが高い靴や、足に合わない靴は避けましょう。
  • インソールを使用する:足底板(インソール)を使用することで、土踏まずのアーチをサポートし、足への負担を軽減することができます。
  • 体重管理:体重が増えると足の裏にかかる負担が増えるため、適正体重を維持しましょう。
  • 足の筋力トレーニング:タオルギャザーやカーフレイズなど、足の裏やふくらはぎの筋肉を鍛える運動をしましょう。
  • ストレッチ:ふくらはぎやアキレス腱のストレッチを習慣にしましょう。

当院では、扁平足の原因を特定し、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。