【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

脊髄腫瘍とは?その原因と症状、そして改善策をわかりやすく解説

「脊髄腫瘍」という言葉を耳にしたことはありますか? あまり馴染みのない病気かもしれませんが、放置すると深刻な症状を引き起こす可能性があります。 この記事では、脊髄腫瘍の原因、症状、そして改善策について詳しく解説します。 もし、ご自身やご家族が該当する症状を感じている場合は、ぜひ最後まで読んでみてください。

脊髄腫瘍ってどんな病気?

脊髄腫瘍とは、脊髄やその周辺にできる腫瘍のことです。 腫瘍には良性と悪性があり、発生する場所や種類によって症状や治療法が異なります。 脊髄は脳からの指令を全身に伝え、感覚を脳に伝える重要な役割を担っています。 そのため、脊髄腫瘍ができると、神経が圧迫され、様々な症状が現れるのです。

脊髄腫瘍の原因は?

脊髄腫瘍の原因は、まだ完全には解明されていません。 しかし、いくつかの要因が考えられます。

  1. 遺伝的な要因: 一部の脊髄腫瘍は、遺伝的な要因によって発症することがあります。 例えば、神経線維腫症2型やフォン・ヒッペル・リンダウ病などの遺伝性疾患を持つ方は、脊髄腫瘍のリスクが高まる可能性があります。
  2. 環境的な要因: 放射線被曝や特定の化学物質への曝露など、環境的な要因も脊髄腫瘍の発症に関与している可能性があります。 しかし、具体的な因果関係はまだ明らかになっていません。
  3. その他: 免疫機能の低下やウイルス感染なども、脊髄腫瘍の発症に影響を与える可能性があるとされています。

脊髄腫瘍の症状は?

脊髄腫瘍の症状は、腫瘍の種類、大きさ、発生場所によって異なります。 初期症状としては、以下のものが挙げられます。

  • 背部痛: 腫瘍が脊髄や神経を圧迫することで、背中に痛みを感じることがあります。 特に、夜間や安静時に痛みが強くなる傾向があります。
  • 手足のしびれや麻痺: 腫瘍が神経を圧迫すると、手足にしびれや麻痺が生じることがあります。 進行すると、歩行困難や排尿・排便障害を引き起こすこともあります。
  • 筋力低下: 腫瘍が運動神経を圧迫すると、筋力低下が起こることがあります。 特定の筋肉が弱くなったり、手足が動かしにくくなったりします。

これらの症状は、他の病気でも見られることがあります。 しかし、症状が続く場合は、早めに医療機関を受診し、適切な検査を受けることが重要です。

脊髄腫瘍の改善策は?

脊髄腫瘍の治療法は、腫瘍の種類、大きさ、発生場所、そして患者さんの状態によって異なります。 主な治療法としては、以下の3つが挙げられます。

  1. 手術療法: 腫瘍を切除することで、神経の圧迫を取り除き、症状を改善します。 しかし、腫瘍の種類や場所によっては、完全に切除できない場合もあります。
  2. 放射線療法: 放射線を照射することで、腫瘍を縮小させたり、増殖を抑えたりします。 手術が困難な場合や、手術後の再発予防に用いられることがあります。
  3. 化学療法: 抗がん剤を投与することで、腫瘍を縮小させたり、増殖を抑えたりします。 悪性腫瘍の場合に用いられることが多いです。

これらの治療法は、単独で用いられることもあれば、組み合わせて行われることもあります。 治療方針は、医師とよく相談して決めることが重要です。

整骨院での施術は有効?

整骨院では、脊髄腫瘍そのものを治すことはできません。 しかし、症状の緩和や再発予防に役立つ施術を行うことができます。

例えば、

  • マッサージやストレッチ: 筋肉の緊張をほぐし、血行を促進することで、痛みやしびれを軽減します。
  • 骨盤矯正: 骨盤の歪みを整えることで、姿勢を改善し、神経の圧迫を軽減します。
  • 電気療法: 微弱な電流を流すことで、痛みを和らげたり、筋肉をリラックスさせたりします。

これらの施術は、医師の診断のもと、適切なタイミングで行うことが重要です。 整骨院での施術と並行して、病院での治療を継続することも大切です。

まとめ

脊髄腫瘍は、早期発見・早期治療が重要です。 もし、ご自身やご家族が上記のような症状を感じている場合は、早めに医療機関を受診しましょう。 そして、症状に合わせて適切な治療を受けることが大切です。

当院では、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。