【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

脳炎とは?その原因と症状、そして改善策をわかりやすく解説

「脳炎」という言葉を聞いたことはありますか? あまり馴染みのない病気かもしれませんが、脳に炎症が起こる深刻な病気です。 この記事では、脳炎の原因、症状、そして改善策について詳しく解説します。 もし、ご自身やご家族が該当する症状を感じている場合は、ぜひ最後まで読んでみてください。

脳炎ってどんな病気?

脳炎とは、脳に炎症が起こる病気です。 ウイルスや細菌などの感染によって引き起こされることが多く、重症化すると命に関わることもあります。 脳は、思考、感情、記憶、運動など、私たちが生きていく上で欠かせない機能を司っています。 そのため、脳炎によって脳がダメージを受けると、様々な症状が現れるのです。

脳炎の原因は?

脳炎の原因は様々ですが、主なものは以下の通りです。

  1. ウイルス感染: 最も一般的な原因はウイルス感染です。 ヘルペスウイルス、インフルエンザウイルス、麻疹ウイルス、風疹ウイルスなどが脳炎を引き起こすことがあります。 これらのウイルスは、空気感染や接触感染などで広がります。
  2. 細菌感染: 肺炎球菌、髄膜炎菌などの細菌が脳に感染することで、脳炎を引き起こすことがあります。 これらの細菌は、血液やリンパ液を介して脳に到達します。
  3. 自己免疫疾患: まれに、自分の免疫システムが誤って脳を攻撃してしまう自己免疫疾患が原因で脳炎が起こることがあります。 このタイプの脳炎は、特定の抗体によって引き起こされることが知られています。
  4. その他: 寄生虫感染、真菌感染、薬物アレルギーなども、脳炎の原因となることがあります。

脳炎の症状は?

脳炎の症状は、原因となる病原体や炎症の程度によって異なりますが、一般的な症状としては以下のものが挙げられます。

  • 発熱: 多くの場合、38度以上の高熱が出ます。
  • 頭痛: 激しい頭痛が起こることがあります。
  • 意識障害: ぼんやりしたり、呼びかけに反応しなくなったりすることがあります。 重症化すると、昏睡状態に陥ることもあります。
  • 痙攣: 手足が勝手に動いたり、体が硬直したりすることがあります。
  • 言語障害: 言葉が出にくくなったり、ろれつが回らなくなったりすることがあります。
  • 麻痺: 手足が動かしにくくなったり、感覚が鈍くなったりすることがあります。

これらの症状は、他の病気でも見られることがあります。 しかし、症状が続く場合は、早めに医療機関を受診し、適切な検査を受けることが重要です。

脳炎の改善策は?

脳炎の治療法は、原因や症状によって異なります。 主な治療法としては、以下の3つが挙げられます。

  1. 薬物療法: ウイルス感染が原因の場合は、抗ウイルス薬を投与します。 細菌感染が原因の場合は、抗生物質を投与します。 自己免疫疾患が原因の場合は、ステロイド薬や免疫抑制薬を投与します。
  2. 対症療法: 解熱剤、鎮痛剤、痙攣を抑える薬などを用いて、症状を緩和します。 重症の場合は、人工呼吸器や点滴などによる集中治療が必要になることもあります。
  3. リハビリテーション: 脳炎によって後遺症が残った場合は、リハビリテーションを行います。 理学療法、作業療法、言語療法などを通じて、日常生活動作の改善を目指します。

早期発見・早期治療が重要です。 もし、ご自身やご家族が上記のような症状を感じている場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

整骨院での施術は有効?

整骨院では、脳炎そのものを治すことはできません。 しかし、脳炎の後遺症による体の不調に対して、症状を緩和する施術を行うことができます。

例えば、

  • マッサージやストレッチ: 筋肉の緊張をほぐし、関節の可動域を広げることで、体の動きをスムーズにします。
  • 骨盤矯正: 骨盤の歪みを整えることで、姿勢を改善し、体のバランスを整えます。
  • 電気療法: 微弱な電流を流すことで、痛みを和らげたり、筋肉をリラックスさせたりします。

これらの施術は、医師の診断のもと、適切なタイミングで行うことが重要です。 整骨院での施術と並行して、病院での治療を継続することも大切です。

まとめ

脳炎は、早期発見・早期治療が重要です。 もし、ご自身やご家族が上記のような症状を感じている場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。 そして、症状に合わせて適切な治療を受けることが大切です。

当院では、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。