【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

白内障とは?その原因と症状、そして改善策をわかりやすく解説

「白内障」という言葉を聞いたことはありますか? 加齢とともに多くの人が経験する目の病気ですが、放置すると視力低下や失明につながることもあります。 この記事では、白内障の原因、症状、そして改善策について詳しく解説します。 もし、ご自身やご家族が該当する症状を感じている場合は、ぜひ最後まで読んでみてください。

白内障ってどんな病気?

白内障とは、目の中の水晶体というレンズが濁ってしまう病気です。 水晶体は、カメラのレンズのように光を集めて網膜に像を映し出す役割を担っています。 この水晶体が濁ると、光がうまく通過できなくなり、視界がぼやけたり、かすんだりします。 白内障は、主に加齢によって引き起こされますが、他の要因で発症することもあります。

白内障の原因は?

白内障の主な原因は、加齢によるものです。 年齢を重ねるにつれて、水晶体を構成するタンパク質が変性し、濁りが生じやすくなります。 その他にも、以下の要因が白内障のリスクを高めます。

  1. 加齢: 最も一般的な原因です。 40歳代から白内障が始まり、60歳代では約半数、80歳代ではほとんどの人が白内障を発症すると言われています。
  2. 紫外線: 長年の紫外線曝露は、水晶体のタンパク質を変性させ、白内障のリスクを高めます。
  3. 糖尿病: 糖尿病の人は、そうでない人に比べて白内障を発症するリスクが高いです。 高血糖状態が続くことで、水晶体のタンパク質が糖化し、濁りが生じやすくなります。
  4. アトピー性皮膚炎: アトピー性皮膚炎の人は、白内障を発症しやすい傾向があります。 アトピー性皮膚炎による目の炎症や、ステロイド薬の使用などが原因と考えられています。
  5. 喫煙: 喫煙は、活性酸素を発生させ、水晶体のタンパク質を酸化させることで、白内障のリスクを高めます。
  6. 遺伝: 家族に白内障の人がいる場合、白内障になりやすい傾向があります。

白内障の症状は?

白内障の症状は、濁りの程度や場所によって異なりますが、一般的な症状としては以下のものが挙げられます。

  • 視界がかすむ: 視界全体がかすんで見えたり、ぼやけたりします。 特に、明るい場所や夜間など、光の加減によって見え方が変わることもあります。
  • 光をまぶしく感じる: 太陽や車のヘッドライトなどの光をまぶしく感じることがあります。 これは、濁った水晶体によって光が散乱するためです。
  • 色の見え方が変わる: 色がくすんで見えたり、黄色っぽく見えたりすることがあります。
  • 眼鏡が合わなくなる: 度数が合わなくなったり、見え方が変わったりすることがあります。

これらの症状は、徐々に進行することが多く、初期には自覚症状がないこともあります。 しかし、症状が進むと日常生活に支障をきたすようになるため、早期発見・早期治療が重要です。

白内障の改善策は?

白内障の治療法は、症状の程度によって異なります。 主な治療法としては、以下の2つが挙げられます。

  1. 点眼薬: 白内障の進行を遅らせる効果が期待できる点眼薬があります。 しかし、点眼薬で白内障を治すことはできません。
  2. 手術療法: 濁った水晶体を取り除き、人工のレンズを入れる手術です。 白内障手術は、非常に安全性が高く、成功率も高い手術です。 日帰り手術も可能で、術後の回復も比較的早いです。

整骨院での施術は有効?

整骨院では、白内障そのものを治すことはできません。 しかし、白内障によって引き起こされる肩こりや頭痛などの症状に対して、緩和効果が期待できる施術を行うことができます。

例えば、

  • マッサージ: 首や肩の筋肉をほぐすことで、血行を促進し、筋肉の緊張を緩和します。
  • 温熱療法: 温熱パッドやホットタオルなどで首や肩を温めることで、血行を促進し、筋肉の柔軟性を高めます。
  • 骨盤矯正: 骨盤の歪みを整えることで、姿勢を改善し、首や肩への負担を軽減します。

これらの施術は、医師の診断のもと、適切なタイミングで行うことが重要です。 整骨院での施術と並行して、眼科での治療を継続することも大切です。

まとめ

白内障は、早期発見・早期治療が重要です。 もし、ご自身やご家族が視界のかすみや光をまぶしく感じるなどの症状を感じている場合は、早めに眼科を受診しましょう。 そして、症状に合わせて適切な治療を受けることが大切です。

当院では、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。