【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

声帯結節とは?その原因と症状、そして改善策をわかりやすく解説

「声帯結節」という言葉を聞いたことはありますか? 「歌手結節」や「教師結節」とも呼ばれ、声を使う職業の方や、カラオケ好きの方には特に注意が必要な病気です。 この記事では、声帯結節の原因、症状、そして改善策について詳しく解説します。 もし、ご自身やご家族が該当する症状を感じている場合は、ぜひ最後まで読んでみてください。

声帯結節ってどんな病気?

声帯結節とは、声帯にできる小さなこぶ状の腫瘍のことです。 声帯は、喉仏の奥にある左右一対の発声器官で、息を吐き出す際に振動することで声を出します。 この声帯に繰り返し負担がかかることで、声帯の粘膜が炎症を起こし、こぶ状に腫れてしまうのが声帯結節です。

声帯結節の原因は?

声帯結節の主な原因は、声の使いすぎや誤った発声方法です。 大きな声を出したり、長時間話したり、歌ったり、叫んだりすることで、声帯に負担がかかり、結節ができやすくなります。 特に、教師、歌手、営業職など、声を使う職業の方や、カラオケが好きな方は注意が必要です。

その他にも、以下の要因が声帯結節のリスクを高めます。

  1. 乾燥: 空気が乾燥していると、声帯の粘膜が乾燥しやすく、炎症を起こしやすくなります。 特に、冬場やエアコンの効いた部屋では注意が必要です。
  2. 喫煙: タバコの煙は、声帯を刺激し、炎症を起こしやすくします。 また、タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させるため、声帯への血流が悪くなり、結節ができやすくなります。
  3. アレルギー: アレルギー性鼻炎や花粉症などがあると、鼻水が喉に流れ込み、声帯を刺激して炎症を起こしやすくなります。
  4. 精神的なストレス: ストレスは、自律神経のバランスを崩し、声帯の筋肉を緊張させます。 その結果、声帯に負担がかかり、結節ができやすくなります。

声帯結節の症状は?

声帯結節の主な症状は、以下の通りです。

  • 声のかすれ: 最も一般的な症状です。 結節が声帯の振動を妨げるため、声がかすれたり、しわがれたりします。
  • 声の疲れやすさ: 少し話しただけでも声が疲れやすくなります。
  • 声の出しづらさ: 声帯がうまく閉じなくなり、声が出にくくなることがあります。 特に、高音域の声が出にくくなる傾向があります。
  • 喉の痛みや違和感: 結節が声帯を刺激するため、喉に痛みや違和感を感じることがあります。

これらの症状は、徐々に現れることもあれば、突然現れることもあります。 症状が続く場合は、早めに耳鼻咽喉科を受診することが大切です。

声帯結節の改善策は?

声帯結節の治療法は、症状の程度や結節の大きさによって異なります。 主な治療法としては、以下の3つが挙げられます。

  1. 安静・発声指導: 初期の小さな結節の場合は、声帯を休ませる安静と、正しい発声方法を指導することで、自然に治ることがあります。 専門家の指導のもと、発声練習を行うことが大切です。
  2. 薬物療法: ステロイド薬や消炎鎮痛剤などを内服または吸入することで、声帯の炎症を抑え、症状を緩和します。
  3. 手術療法: 結節が大きい場合や、薬物療法で効果がない場合は、手術によって結節を切除します。 手術は、全身麻酔または局所麻酔で行われ、入院期間は数日から1週間程度です。

整骨院での施術は有効?

整骨院では、声帯結節そのものを治すことはできません。 しかし、声帯結節によって引き起こされる首や肩のこり、呼吸の浅さなどに対して、症状を緩和する施術を行うことができます。

例えば、

  • マッサージ: 首や肩の筋肉をほぐすことで、血行を促進し、筋肉の緊張を緩和します。
  • 呼吸法指導: 正しい呼吸法を指導することで、呼吸を深くし、声帯への負担を軽減します。
  • 姿勢矯正: 姿勢を改善することで、呼吸がしやすくなり、声帯への負担を軽減します。

これらの施術は、医師の診断のもと、適切なタイミングで行うことが重要です。 整骨院での施術と並行して、耳鼻咽喉科での治療を継続することも大切です。

まとめ

声帯結節は、早期発見・早期治療が重要です。 もし、ご自身やご家族が声のかすれや喉の痛みなどの症状を感じている場合は、早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。 そして、症状に合わせて適切な治療を受けることが大切です。

当院では、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。