【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

【ぎっくり腰】もう動けないほどの激痛…その原因と対処法、そして予防策まで徹底解説

ピキッ」という音とともに、突然襲う激痛。

その場に崩れ落ち、動くこともままならない。

ぎっくり腰は、誰もが経験する可能性のある恐ろしいものです。

しかし、なぜぎっくり腰は起こるのでしょうか?

そして、その激痛から解放される方法はあるのでしょうか?

この記事では、ぎっくり腰の原因から対処法、そして再発を防ぐための予防策まで、詳しく解説していきます。

ぎっくり腰で苦しんでいるあなたも、この記事を読めば、その痛みから解放される道筋が見えてくるはずです。

ぎっくり腰とは?その恐ろしい症状と原因

ぎっくり腰とは、正式には急性腰痛症と呼ばれ、腰に強い痛みを感じる症状です。

その痛みは、まるで電気が走るような鋭いものから、鈍く重いものまで様々です。

くしゃみや咳をするだけでも激痛が走り、日常生活に大きな支障をきたします。

では、なぜこのような激痛が起こるのでしょうか?

ぎっくり腰の主な原因は、腰への過度な負担です。

重い物を持ち上げたり、無理な体勢での作業を続けたりすることで、腰の筋肉や関節に負担がかかり、炎症を引き起こします。

また、長時間のデスクワーク運動不足も、ぎっくり腰のリスクを高める要因となります。

これらの要因によって、腰の筋肉や関節が疲労し、ちょっとした動作がきっかけでぎっくり腰を発症してしまうのです。

ぎっくり腰になった時の対処法:安静と冷却、そして専門家のサポート

ぎっくり腰になってしまった時、まず大切なのは安静です。

無理に動こうとすると、症状が悪化してしまう可能性があります。

横になって安静にするか、痛みが少ない姿勢を保ちましょう。

また、患部を冷却することも効果的です。

氷嚢や保冷剤などをタオルに包み、患部に当ててください。

ただし、冷やしすぎには注意が必要です。

これらの応急処置を行っても痛みが引かない場合は、迷わず専門家に相談しましょう。

整骨院や整形外科では、ぎっくり腰の原因を特定し、適切な治療法を提案してくれます。

整骨院でのぎっくり腰治療:手技療法と電気療法で痛みを緩和

整骨院では、ぎっくり腰の症状に合わせて様々な治療法を行います。

主な治療法としては、手技療法電気療法があります。

手技療法

手技療法は、マッサージやストレッチなど、手を使って行う治療法です。

筋肉の緊張をほぐし、血行を促進することで、痛みを緩和します。

電気療法

電気療法は、低周波や高周波の電流を患部に流すことで、痛みを和らげる治療法です。

筋肉の炎症を抑え、治癒を促進する効果も期待できます。

これらの治療法に加えて、テーピングやコルセットなどで腰を固定し、負担を軽減することもあります。

整骨院での治療は、痛みの緩和だけでなく、再発予防にも繋がります。

専門家のアドバイスを受けながら、適切な治療を受けるようにしましょう。

ぎっくり腰を予防するための3つのポイント

ぎっくり腰は、再発しやすい症状です。

一度ぎっくり腰を経験した方は、以下の3つのポイントを意識して、再発を予防しましょう。

  1. 正しい姿勢を意識する

日常生活で正しい姿勢を意識することは、腰への負担を軽減し、ぎっくり腰の予防に繋がります。

特に、デスクワークや長時間の運転をする際は、こまめに休憩を取り、ストレッチをするようにしましょう。

  1. 適度な運動をする

適度な運動は、腰回りの筋肉を強化し、腰痛を予防する効果があります。

ウォーキングや水泳など、腰に負担をかけすぎない運動を選び、無理のない範囲で行いましょう。

  1. 体を冷やさないようにする

体が冷えると、筋肉が緊張しやすくなり、ぎっくり腰のリスクが高まります。

寒い時期は、暖かい服装を心がけ、カイロや湯たんぽなどで体を温めるようにしましょう。

まとめ:ぎっくり腰は早期治療と予防が大切

ぎっくり腰は、突然の激痛に襲われ、日常生活に支障をきたす恐ろしい症状です。

しかし、適切な対処法と予防策を知っていれば、その痛みから解放され、再発を防ぐことができます。

ぎっくり腰になってしまった場合は、まず安静にし、患部を冷却しましょう。

痛みが引かない場合は、迷わず専門家に相談し、適切な治療を受けることが大切です。

また、普段から正しい姿勢を意識し、適度な運動と体を冷やさないように心がけることで、ぎっくり腰の予防に繋がります。

当院では、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。