【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

捻挫の応急処置と早期回復のための施術

日常生活やスポーツでの不意の動きや転倒などで、誰もが経験する可能性のある「捻挫」。捻挫は、関節を支える靭帯が損傷してしまうことで起こるケガです。適切な応急処置と早期の施術によって、後遺症を残さず回復できる可能性が高まります。今回は、捻挫のメカニズムから応急処置、そして整骨院での施術まで、詳しく解説していきます。

捻挫とは?そのメカニズムと症状

捻挫は、関節を安定させる靭帯が、過度な外力によって伸ばされたり、部分的に断裂したりすることで起こります。足首、膝、手首など、様々な関節で発生しますが、特に足首の捻挫は多く見られます。

捻挫の主な症状は以下の通りです。

  • 痛み: 捻挫直後から強い痛みを感じることが多く、時間の経過とともに痛みが引いていくこともあれば、逆に痛みが強くなることもあります。
  • 腫れ: 損傷した部分に炎症が起こり、腫れが生じます。腫れは、受傷後数時間から数日かけて徐々に大きくなることがあります。
  • 内出血: 皮膚の下で出血が起こり、青あざができることがあります。内出血の程度は、損傷の程度によって異なります。
  • 熱感: 患部が熱を持つことがあります。これは、炎症反応によるものです。
  • 関節の動きの制限: 関節が動かしにくくなったり、不安定になることがあります。靭帯が損傷しているため、関節を支える力が弱くなり、不安定な状態になります。

捻挫の応急処置「RICE処置」

捻挫をしてしまった場合、まずは応急処置として「RICE処置」を行いましょう。RICE処置は、捻挫の悪化を防ぎ、早期回復を促すための基本的な処置です。

  1. R: Rest(安静) 捻挫した関節を動かさずに安静にすることが大切です。無理に動かすと、靭帯の損傷がさらに悪化し、回復が遅れてしまう可能性があります。松葉杖やサポーターなどを利用して、患部を固定することも有効です。
  2. I: Icing(冷却) 氷や保冷剤などをタオルに包んで、患部を冷やしましょう。冷却することで、炎症を抑え、痛みや腫れを軽減することができます。1回15〜20分程度、数時間おきに冷やすのが効果的です。
  3. C: Compression(圧迫) 弾性包帯やテーピングなどで患部を適度に圧迫することで、内出血や腫れを抑えることができます。ただし、締め付けすぎると血行が悪くなるため、注意が必要です。
  4. E: Elevation(挙上) 患部を心臓よりも高い位置に挙げることで、血液の循環を良くし、腫れや内出血を軽減することができます。横になった状態で、クッションや枕などを利用して患部を高くしましょう。

捻挫の施術と早期回復のためのポイント

応急処置後、早期回復のためには適切な施術を受けることが重要です。整骨院では、捻挫の症状や程度に合わせて、様々な施術を行います。

手技療法

  • マッサージ:損傷した組織や周辺の筋肉の緊張を緩和し、血行を促進することで、痛みや腫れの軽減を促します。
  • ストレッチ:関節の可動域を広げ、柔軟性を回復させることで、早期回復を促します。
  • 関節モビライゼーション:専門的な手技によって関節の動きを滑らかにし、可動域を改善します。

物理療法

  • 電気療法:微弱な電流を流すことで、痛みを和らげ、治癒を促進します。
  • 超音波療法:超音波の振動で、深部の組織を温め、血行を促進します。
  • テーピング:関節を固定し、負担を軽減することで、早期回復を促します。

その他

  • 運動療法:症状が落ち着いてきたら、関節の機能回復のための運動を行います。
  • 日常生活指導:捻挫を繰り返さないための注意点や、日常生活での工夫についてアドバイスを行います。

捻挫の回復期間と放置した場合のリスク

捻挫の回復期間は、症状の程度や受傷部位によって異なりますが、一般的には数週間から数ヶ月程度かかります。早期に適切な処置と施術を受けることで、回復期間を短縮することができます。

捻挫を放置すると、関節が不安定になり、捻挫を繰り返してしまう「捻挫癖」になることがあります。また、関節の変形や軟骨の損傷など、後遺症が残る可能性もあります。

まとめ

捻挫は、適切な応急処置と早期の施術によって、後遺症を残さず回復できる可能性が高まります。RICE処置をしっかりと行い、早めに整骨院を受診しましょう。

当院では、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。