【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

寝違えの痛み、原因と解消ストレッチ

朝起きたら首が痛くて動かせない!そんな経験はありませんか?それは「寝違え」かもしれません。寝違えは、睡眠中の無理な姿勢や冷えなどによって首の筋肉や関節が炎症を起こし、痛みが生じる症状です。今回は、寝違えの原因と解消ストレッチ、そして整骨院での施術について詳しく解説します。

寝違えとは?その原因と症状

寝違えは、正式には「急性頸部痛症」と呼ばれ、首の筋肉や関節、靭帯などが損傷することで起こります。

主な原因としては、

  • 無理な姿勢での睡眠: 高すぎる枕や合わない寝具を使用していると、首に負担がかかり、寝違えを起こしやすくなります。
  • 睡眠中の冷え: エアコンの風が直接当たる場所や、窓が開いたままの状態で寝ると、首が冷えて筋肉が硬くなり、寝違えの原因となることがあります。
  • ストレスや疲労: ストレスや疲労が溜まっていると、筋肉が緊張しやすく、寝違えを起こしやすくなります。
  • 長時間のデスクワーク: デスクワークなどで長時間同じ姿勢を続けると、首や肩の筋肉が疲労し、寝違えの原因となることがあります。

などが挙げられます。

寝違えの主な症状は以下の通りです。

  • 首の痛み: 首を動かすと痛みが生じ、特に左右に回したり、後ろに反らしたりすると痛みが強くなります。
  • 首の可動域制限: 首が動かしにくくなり、特定の方向に動かせなくなります。
  • 頭痛: 寝違えによって首の筋肉が緊張し、頭痛を引き起こすことがあります。
  • 肩や背中の痛み: 寝違えの痛みが肩や背中に広がることもあります。

寝違えの解消ストレッチ

寝違えの痛みを和らげるためには、首や肩の筋肉を優しくストレッチすることが効果的です。ここでは、寝違え解消に役立つストレッチを3つ紹介します。

  1. 首のストレッチ
    • 痛みのない範囲で、ゆっくりと首を左右に倒したり、回したりします。
    • 首を前に倒し、両手で頭を軽く押さえてストレッチします。
    • あごを突き出すようにして、首の後ろをストレッチします。
  2. 肩のストレッチ
    • 両手を組んで頭の上で伸ばし、左右に体を倒します。
    • 片方の腕を反対側の肩に回し、もう片方の手で肘を引っ張ってストレッチします。
    • 肩をすくめるようにして、肩甲骨を上下に動かします。
  3. 胸のストレッチ
    • 両手を後ろで組み、胸を張るようにしてストレッチします。
    • 壁に手をついて、体を前に倒し、胸をストレッチします。

これらのストレッチは、1回10秒程度、数回繰り返しましょう。痛みが強い場合は無理に行わず、痛みのない範囲でゆっくりと行うことが大切です。

寝違えの予防と整骨院での施術

寝違えを予防するためには、

  • 枕や寝具を見直す: 高すぎたり低すぎたりする枕は避け、自分に合った高さの枕を選びましょう。また、寝返りを打ちやすい寝具を選ぶことも大切です。
  • 睡眠中の冷え対策: エアコンの風が直接当たらないようにしたり、寒い時期にはネックウォーマーなどを着用して首を温めましょう。
  • ストレスや疲労を溜めない: 適度な運動やリラックス方法を取り入れ、ストレスや疲労を解消しましょう。
  • 正しい姿勢を意識する: デスクワークなど長時間同じ姿勢を続ける場合は、こまめに休憩を取り、ストレッチなどで体を動かしましょう。

などが効果的です。

もし寝違えになってしまった場合は、早めに整骨院を受診しましょう。整骨院では、

  • 手技療法: マッサージやストレッチなどで、首や肩の筋肉の緊張を緩和し、血行を促進します。
  • 物理療法: 電気療法や温熱療法などで、痛みを和らげ、炎症を抑えます。
  • テーピング: 首を固定することで、痛みの軽減や再発予防に役立ちます。
  • 姿勢指導: 正しい姿勢を指導することで、寝違えの再発を予防します。

などの施術を行います。

まとめ

寝違えは、適切なストレッチとケア、そして整骨院での施術によって、早期に改善することができます。日頃から予防を心掛け、もし寝違えてしまった場合は、一人で悩まず、早めに専門家にご相談ください。

当院では、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。