【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

デスクワーカー必見!肩こり解消ストレッチ

「肩が重くてつらい」「頭痛がする」「集中力が続かない」…そんな悩みを抱えているデスクワーカーの皆さん、それは肩こりが原因かもしれません。長時間のパソコン作業やスマートフォンの使用は、肩や首の筋肉に負担をかけ、肩こりを引き起こしやすくなります。今回は、デスクワーカーの天敵である肩こりを解消するためのストレッチと、整骨院での施術について詳しく解説します。

なぜデスクワークで肩こりになるのか?

長時間のパソコン作業やスマートフォンの使用は、同じ姿勢を続けることになり、特定の筋肉に負担がかかり続けます。特に、肩や首の筋肉は、頭を支えるために常に緊張しているため、疲労が蓄積しやすく、肩こりを引き起こしやすくなります。

また、ストレスや運動不足、冷えなども、肩こりを悪化させる要因となります。

肩こりの症状と放置した場合のリスク

肩こりの主な症状は、肩や首の痛み、重さ、こわばりです。これらの症状に加えて、頭痛やめまい、吐き気、集中力の低下、自律神経の乱れなどが現れることもあります。

肩こりを放置すると、症状が悪化し、慢性的な痛みに悩まされるだけでなく、日常生活や仕事に支障をきたす可能性もあります。また、肩こりは、頭痛や吐き気、めまいなどの症状を引き起こし、日常生活に支障をきたすこともあります。さらに、放置すると、自律神経の乱れや睡眠障害、うつ病などの精神的な問題にも発展する可能性があります。

デスクワーク中にできる!簡単肩こり解消ストレッチ

肩こりを解消するためには、こまめなストレッチが効果的です。ここでは、デスクワーク中でも簡単にできるストレッチを5つ紹介します。

  1. 肩甲骨ストレッチ
    • 両手を肩に置き、肘を大きく回します。前回し、後ろ回しをそれぞれ10回ずつ行いましょう。肩甲骨を動かすことを意識すると効果的です。
  2. 首のストレッチ
    • 頭をゆっくりと左右に倒し、それぞれ10秒間キープします。次に、頭をゆっくりと回します。右回り、左回りをそれぞれ5回ずつ行いましょう。
  3. 肩回しストレッチ
    • 両肩を同時に上げて、ゆっくりと後ろに回します。10回繰り返しましょう。次に、両肩を同時に上げて、ゆっくりと前に回します。こちらも10回繰り返しましょう。
  4. 腕のストレッチ
    • 片方の腕をまっすぐ前に伸ばし、もう片方の手で肘を掴んで、ゆっくりと胸の方に引き寄せます。10秒間キープし、反対側も同様に行いましょう。
  5. 胸のストレッチ
    • 両手を後ろで組み、胸を張るようにして10秒間キープします。

これらのストレッチは、1日に数回行うことをおすすめします。

整骨院での肩こり施術

整骨院では、肩こりの原因を特定し、一人ひとりの状態に合わせた施術を行います。

具体的な施術内容としては、

  • マッサージ: 筋肉の緊張をほぐし、血行を促進します。
  • ストレッチ: 関節の可動域を広げ、筋肉の柔軟性を高めます。
  • 骨盤矯正・姿勢矯正: 猫背や骨盤の歪みを整え、肩への負担を軽減します。
  • 電気療法: 痛みを和らげ、筋肉の緊張を緩和します。
  • 温熱療法: 血行を促進し、筋肉の緊張を緩和します。

などがあります。

肩こりを予防するためのポイント

肩こりを予防するためには、以下の点に注意しましょう。

  • 正しい姿勢を意識する: デスクワーク中は、背筋を伸ばし、足の裏を床につけるようにしましょう。
  • 休憩をこまめにとる: 1時間に1回は休憩を取り、ストレッチや軽い運動をしましょう。
  • 適度な運動をする: 適度な運動は、血行を促進し、筋肉の柔軟性を高める効果があります。
  • 湯船に浸かる: 温かいお風呂に浸かることで、筋肉の緊張をほぐし、リラックス効果も得られます。
  • 自分に合った枕を使う: 高すぎる、または低すぎる枕は、首に負担をかけ、肩こりの原因になります。

まとめ

肩こりは、放置すると日常生活や仕事に支障をきたすだけでなく、様々な健康問題を引き起こす可能性があります。

デスクワーク中のストレッチや整骨院での施術で、肩こりを解消し、快適な毎日を送りましょう。

当院では、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。