【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

高齢者のための転倒予防と筋力アップ運動

「最近、足腰が弱ってきた」「転びやすくなった」「階段の上り下りがつらい」と感じている高齢者の方や、そのご家族はいらっしゃいませんか?加齢とともに筋力やバランス感覚が低下すると、転倒のリスクが高まります。しかし、適切な運動やストレッチを行うことで、転倒を予防し、いつまでも健康で活動的な生活を送ることができます。今回は、高齢者の転倒予防と筋力アップに効果的な運動をご紹介します。

高齢者の転倒、その原因とリスク

高齢者の転倒は、身体機能の低下や環境要因など、様々な原因によって引き起こされます。主な原因としては、

  • 筋力低下: 加齢とともに筋肉量が減少し、筋力が低下することで、身体を支える力が弱くなり、転びやすくなります。
  • バランス感覚の低下: 加齢や運動不足によって、バランス感覚が低下すると、ふらつきやすくなり、転倒のリスクが高まります。
  • 視力低下: 視力が低下すると、段差や障害物が見えにくくなり、転倒しやすくなります。
  • 薬の副作用: 睡眠薬や血圧降下剤など、一部の薬には、ふらつきや眠気などの副作用があり、転倒のリスクを高めることがあります。
  • 環境要因: 滑りやすい床や段差、暗い場所などは、転倒の原因となります。

転倒は、骨折や頭部外傷などの重篤な怪我に繋がる可能性があり、高齢者の生活の質を著しく低下させる原因となります。

転倒予防のための運動

転倒予防のためには、筋力やバランス感覚を維持・向上させることが重要です。ここでは、高齢者でも安全に行える運動を3つ紹介します。

1. スクワット

  1. 椅子の背もたれに手を添えて立ちます。
  2. ゆっくりと膝を曲げ、お尻を後ろに引くように腰を落とします。
  3. 太ももが床と平行になるまで腰を落とし、ゆっくりと元の姿勢に戻ります。
  4. 10回を1セットとして、無理のない範囲で繰り返します。

2. 片足立ち

  1. 壁や椅子の背もたれに手を添えて立ちます。
  2. 片足をゆっくりと上げ、10秒間キープします。
  3. 反対側の足も同様に行います。
  4. 左右交互に5回ずつ繰り返します。

3. つま先立ち

  1. 椅子の背もたれに手を添えて立ちます。
  2. かかとをゆっくりと上げ、つま先立ちになります。
  3. 5秒間キープし、ゆっくりとかかとを下ろします。
  4. 10回を1セットとして、無理のない範囲で繰り返します。

これらの運動は、毎日続けることが大切です。無理のない範囲で、徐々に回数を増やしていくようにしましょう。

整骨院での転倒予防サポート

整骨院では、高齢者の転倒予防のための様々なサポートを行っています。

1. 運動療法指導

  • 個々の身体の状態や体力に合わせて、適切な運動プログラムを作成し、指導します。
  • 正しい運動フォームを指導し、怪我のリスクを軽減します。
  • 運動のモチベーションを維持するためのサポートを行います。

2. 手技療法

  • マッサージやストレッチなど、筋肉の柔軟性を高め、関節の可動域を広げる施術を行います。
  • 身体のバランスを整え、転倒しにくい身体作りをサポートします。

3. 物理療法

  • 電気療法や温熱療法など、痛みや炎症を和らげる施術を行います。
  • 血行を促進し、筋肉の疲労回復を促します。

4. 生活指導

  • 転倒予防のための注意点や、日常生活での工夫についてアドバイスを行います。
  • 靴の選び方や杖の使い方など、転倒リスクを減らすためのサポートを行います。

まとめ

高齢者の転倒は、生活の質を著しく低下させる原因となります。しかし、適切な運動やストレッチ、整骨院でのケアを行うことで、転倒を予防し、いつまでも健康で活動的な生活を送ることができます。

当院では、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。