【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

頚椎椎間板(けいついついかんばん)ヘルニアとは?

肩の症状

頚椎椎間板ヘルニアとは何か、原因、改善法を解説します。

頚椎椎間板ヘルニアとは?

首の骨である頚椎を通って、脳から手や肩へ向かう信号を送る神経である頚髄(けいずい)があります。これらの頚椎の間に位置する椎間板は、隣り合う頚椎間でクッションの役割を果たし、支持しています。椎間板が損傷し、隣接する神経に圧迫を加える状態を頚椎椎間板ヘルニアと呼びます。

頚椎椎間板ヘルニアの症状

頚椎椎間板ヘルニアによる症状は、神経への影響により様々な形で現れ、病状が進むにつれて以下のように段階的に変化します。

①首・肩の症状

この段階では、肩こりや首の痛み、背中や前胸部の痛みが主な症状として現れます。

②腕・手の症状

病状が進行すると、上肢の痛みや腕のだるさ、手のしびれやむくみ、握力の低下、さらには腕の筋肉の萎縮が起こります。

③頭部・顔面の症状

更に病状が進むと、後頭部や頭痛、目の奧の痛み、眼性疲労や眼充血、耳鳴り、めまい、ふらつきなど、頭部や顔面に関わる症状が現れます。

④下半身の症状

最終的には、脚のつっぱりや歩行障害、尿コントロールの障害や尿失禁など、下半身に影響を及ぼす症状が現れるようになります。

これらの症状は、神経の損傷や圧迫により引き起こされ、頚椎椎間板ヘルニアの重症化に伴い多様化します。

頚椎椎間板ヘルニアの原因

頚椎椎間板ヘルニアの発生原因には、主に椎間板の老化が関係しています。頚椎間に位置する椎間板は、日々の活動により常に圧力を受けており、そのため体内で早期に老化の兆候を示すことがあります。この椎間板が経年劣化により弱まり、外部の保護層に亀裂が入ると、内部の髄核が突出し、周囲の神経を圧迫することになります。これが痛みやしびれといった症状の原因となるのです。

頚椎椎間板ヘルニアでやってはいけない行為

日常生活における姿勢の維持

長時間にわたって同じ姿勢で作業をすることは、首に大きな負担をかけ、頚椎ヘルニアの症状を悪化させる可能性があります。特に、パソコンやスマートフォンの使用により、顎が前に出る猫背の姿勢を取りがちです。定期的に自分の姿勢が「耳・肩・腰・膝・くるぶし」を一直線に保てているか鏡で確認することが大切です。

うつ伏せ姿勢の危険性

うつ伏せでの姿勢は、頚椎に不自然な圧迫やねじれをもたらし、筋緊張を引き起こします。この姿勢を長時間維持することは、頚椎への負担を大きくし、周囲の筋肉にも悪影響を及ぼします。

横向き手枕姿勢の危険性

横向きで手を枕にする姿勢は、頚椎の自然な列を崩し、少しの時間であっても頚椎を不自然な位置へと導きます。就寝時には特に、この姿勢を取らないよう意識することが重要です。

激しい運動の危険性

頚椎ヘルニアは、スポーツやその他の活動による外傷や過負荷によっても発症や悪化が見られます。頸部に痺れや痛みなどの症状がある場合は、運動を休止し、自己判断で激しい運動を続けることなく、症状の悪化を避けるためにも早めに専門家の意見を求めることが賢明です。

自己治療の危険性

自己治療の試みは頚椎ヘルニアにおいて特に危険な行為とされます。これは、頚椎ヘルニアが神経や脊髄を圧迫し、激しい痛みや痺れを引き起こす疾患であるためです。自己判断でストレッチやマッサージを試みると、症状を悪化させるリスクが高まります。

特に、手のしびれや痛みなどの特徴的な症状が現れた場合は、これらの症状が頚椎ヘルニアによる神経圧迫の兆候である可能性があります。そのため、これらの症状を感じた際は、自己治療を試みるのではなく、迅速に医療専門家に相談し、適切な診断と治療を受けることが非常に重要です。

自己治療によるリスクを避け、専門的なアドバイスと治療に基づいて対処することが、症状の悪化を防ぎ、回復への最短ルートを確保する鍵となります。

頚椎椎間板ヘルニアの改善法

頚椎椎間板ヘルニアは、「頸椎の歪みや姿勢不良による筋肉の異常な緊張」が原因で発生すると考えられています。この視点から改善にあたる当院では、施術の第一歩として患部の痛みを軽減することを目指します。

原因が頸椎の歪みや姿勢不良にある場合、痛みを和らげるための治療に加え、姿勢矯正や体のバランスを整える施術をご提案します。骨格が本来の正しい位置に戻ることで、全身のバランスが改善され、筋肉の異常な緊張も自然に緩和されることが期待されます。

筋肉が柔軟性と適切な筋力を取り戻し、体が正しい動きを再び行えるようになると、患者様の体は再発のリスクを減らしつつ、より健康的な状態へと変化していきます。また、頚椎椎間板ヘルニアの症状を避けるために他の部位に生じた痛みもありますので、それらにも同様にアプローチして施術を行っていきます。これにより、患者様の総合的な体のバランスと健康を目指します。

まとめ

頚椎椎間板ヘルニアとは?
椎間板が損傷し、隣接する神経に圧迫を加える状態を頚椎椎間板ヘルニアと呼びます。

頚椎椎間板ヘルニアとは何か、原因、改善法を解説しました。整骨院SAPIENSにご来院いただけたら、こちらの症状の施術が可能となっています。ぜひ当院のLINE・電話より「無料カウンセリング」をご予約し症状についてご相談ください。