【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

「ふらつき」とは?その原因と症状、改善策を徹底解説!

「ふらつき」とは?その原因と症状、改善策を徹底解説!

「最近、足元がふらつく」「めまいがする」「立っていられない」…そんな「ふらつき」の症状に悩まされていませんか?ふらつきは、平衡感覚の乱れによって起こる症状で、様々な原因が考えられます。

今回は、ふらつきについて詳しく解説し、その原因、症状、そして改善策をご紹介します。ふらつきは、放置すると転倒や怪我のリスクが高まるだけでなく、重大な病気のサインである可能性もあります。一緒に正しい知識を身につけ、適切な対処法を知りましょう。

ふらつきとは?

ふらつきとは、平衡感覚が乱れ、立っている時や歩いている時に、身体が安定せず、グラグラしたり、フラフラしたりする状態を指します。医学的には「平衡障害」と呼ばれ、めまいや吐き気、頭痛などを伴うこともあります。

ふらつきは、一時的なものから慢性的なものまで、その期間も様々です。また、ふらつきの程度も、軽度で日常生活に支障がない場合から、重度で歩行が困難になる場合まで様々です。

ふらつきの症状

ふらつきの症状は、原因や程度によって異なりますが、代表的な症状は以下の通りです。

  • 身体がグラグラする、フラフラする:立っている時や歩いている時に、身体が安定せず、揺れるような感覚があります。
  • めまい:回転性のめまいや、浮動性のめまいなど、様々な種類のめまいを感じることがあります。
  • 吐き気、嘔吐:めまいやふらつきとともに、吐き気や嘔吐を伴うことがあります。
  • 頭痛:ふらつきとともに、頭痛を伴うことがあります。
  • 平衡感覚の異常:まっすぐ歩けない、物が二重に見える、視野が揺れるなどの平衡感覚の異常が起こることがあります。
  • その他の症状:耳鳴り、難聴、発汗、動悸などを伴うこともあります。

これらの症状は、日常生活に支障をきたすだけでなく、転倒や怪我のリスクを高めるため、注意が必要です。

ふらつきの原因

ふらつきは、様々な原因によって引き起こされます。主な原因は以下の通りです。

耳の病気

  • 良性発作性頭位めまい症(BPPV):内耳にある耳石が剥がれ落ち、三半規管に入り込むことで起こるめまいです。
  • メニエール病:内耳のリンパ液のバランスが崩れることで起こるめまいです。
  • 前庭神経炎:内耳にある前庭神経に炎症が起こることで起こるめまいです。

脳の病気

  • 脳梗塞:脳の血管が詰まることで、脳の機能が障害され、ふらつきやめまいを引き起こすことがあります。
  • 脳出血:脳の血管が破れることで、脳の機能が障害され、ふらつきやめまいを引き起こすことがあります。
  • 脳腫瘍:脳に腫瘍ができることで、脳の機能が障害され、ふらつきやめまいを引き起こすことがあります。

その他の病気

  • 起立性調節障害:自律神経の乱れによって、立ち上がった時に血圧が低下し、めまいやふらつきが起こる病気です。
  • 貧血:血液中の赤血球やヘモグロビンが減少することで、酸素不足になり、めまいやふらつきが起こることがあります。
  • 低血糖:血糖値が異常に低くなる状態で、めまいやふらつき、冷や汗、動悸などの症状を引き起こします。
  • 薬の副作用:一部の薬剤は、めまいやふらつきを引き起こす副作用があります。

その他の原因

  • 過労:疲れが溜まると、自律神経のバランスが乱れ、ふらつきが起こりやすくなります。
  • 睡眠不足:睡眠不足は、自律神経のバランスを乱し、めまいやふらつきを引き起こすことがあります。
  • ストレス:ストレスは、自律神経のバランスを乱し、めまいやふらつきを引き起こすことがあります。
  • アルコールの過剰摂取:アルコールは、平衡感覚を司る小脳の機能を低下させるため、ふらつきを引き起こすことがあります。
  • 脱水:体内の水分が不足すると、血液の循環が悪くなり、めまいやふらつきが起こることがあります。

ふらつきの改善策

ふらつきの改善策は、その原因によって異なります。

耳の病気が原因の場合

  • 耳鼻咽喉科を受診し、適切な治療を受けることが大切です。
  • 良性発作性頭位めまい症(BPPV)の場合は、耳石を元の位置に戻すための「エプリー法」などの理学療法が有効です。
  • メニエール病の場合は、薬物療法や食事療法、生活習慣の改善などを行います。
  • 前庭神経炎の場合は、抗ウイルス薬やステロイド薬が処方されることがあります。

脳の病気が原因の場合

  • 脳神経外科や神経内科を受診し、適切な治療を受けることが大切です。
  • 脳梗塞や脳出血の場合は、早期の治療が重要です。
  • 脳腫瘍の場合は、手術や放射線治療、化学療法などが行われることがあります。

その他の病気が原因の場合

  • 原因疾患に対する治療を行います。

その他の原因

  • 過労や睡眠不足の場合は、十分な休息と睡眠をとるようにしましょう。
  • ストレスを溜めないように、リラックスできる時間を作る、趣味を楽しむなど、ストレスを解消する工夫をしましょう。
  • アルコールの過剰摂取を避け、水分補給をしっかり行いましょう。

日常生活での注意点

ふらつきを予防・改善するためには、以下の点に注意しましょう。

  • 規則正しい生活:十分な睡眠、バランスの取れた食事、適度な運動は、自律神経のバランスを整え、ふらつきを予防するのに役立ちます。
  • ストレスを溜めない:リラックスできる時間を作る、趣味を楽しむなど、ストレスを解消する工夫をしましょう。
  • アルコールを控える:アルコールは、平衡感覚を司る小脳の機能を低下させるため、飲み過ぎには注意しましょう。
  • 水分補給をしっかり行う:脱水は、めまいやふらつきの原因となるため、こまめな水分補給を心がけましょう。
  • 転倒に注意する:ふらつきがある場合は、転倒しないように注意しましょう。手すりや杖を使用することも有効です。
  • 定期的な健康診断:ふらつきの原因となる病気を早期発見・早期治療するために、定期的な健康診断を受けましょう。

当院では、ふらつきの原因を特定し、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

「最近、足元がふらつく」「めまいがする」「立っていられない」…そんな「ふらつき」の症状に悩まされていませんか?ふらつきは、平衡感覚の乱れによって起こる症状で、様々な原因が考えられます。

今回は、ふらつきについて詳しく解説し、その原因、症状、そして改善策をご紹介します。ふらつきは、放置すると転倒や怪我のリスクが高まるだけでなく、重大な病気のサインである可能性もあります。一緒に正しい知識を身につけ、適切な対処法を知りましょう。

ふらつきとは?

ふらつきとは、平衡感覚が乱れ、立っている時や歩いている時に、身体が安定せず、グラグラしたり、フラフラしたりする状態を指します。医学的には「平衡障害」と呼ばれ、めまいや吐き気、頭痛などを伴うこともあります。

ふらつきは、一時的なものから慢性的なものまで、その期間も様々です。また、ふらつきの程度も、軽度で日常生活に支障がない場合から、重度で歩行が困難になる場合まで様々です。

ふらつきの症状

ふらつきの症状は、原因や程度によって異なりますが、代表的な症状は以下の通りです。

  • 身体がグラグラする、フラフラする:立っている時や歩いている時に、身体が安定せず、揺れるような感覚があります。
  • めまい:回転性のめまいや、浮動性のめまいなど、様々な種類のめまいを感じることがあります。
  • 吐き気、嘔吐:めまいやふらつきとともに、吐き気や嘔吐を伴うことがあります。
  • 頭痛:ふらつきとともに、頭痛を伴うことがあります。
  • 平衡感覚の異常:まっすぐ歩けない、物が二重に見える、視野が揺れるなどの平衡感覚の異常が起こることがあります。
  • その他の症状:耳鳴り、難聴、発汗、動悸などを伴うこともあります。

これらの症状は、日常生活に支障をきたすだけでなく、転倒や怪我のリスクを高めるため、注意が必要です。

ふらつきの原因

ふらつきは、様々な原因によって引き起こされます。主な原因は以下の通りです。

耳の病気

  • 良性発作性頭位めまい症(BPPV):内耳にある耳石が剥がれ落ち、三半規管に入り込むことで起こるめまいです。
  • メニエール病:内耳のリンパ液のバランスが崩れることで起こるめまいです。
  • 前庭神経炎:内耳にある前庭神経に炎症が起こることで起こるめまいです。

脳の病気

  • 脳梗塞:脳の血管が詰まることで、脳の機能が障害され、ふらつきやめまいを引き起こすことがあります。
  • 脳出血:脳の血管が破れることで、脳の機能が障害され、ふらつきやめまいを引き起こすことがあります。
  • 脳腫瘍:脳に腫瘍ができることで、脳の機能が障害され、ふらつきやめまいを引き起こすことがあります。

その他の病気

  • 起立性調節障害:自律神経の乱れによって、立ち上がった時に血圧が低下し、めまいやふらつきが起こる病気です。
  • 貧血:血液中の赤血球やヘモグロビンが減少することで、酸素不足になり、めまいやふらつきが起こることがあります。
  • 低血糖:血糖値が異常に低くなる状態で、めまいやふらつき、冷や汗、動悸などの症状を引き起こします。
  • 薬の副作用:一部の薬剤は、めまいやふらつきを引き起こす副作用があります。

その他の原因

  • 過労:疲れが溜まると、自律神経のバランスが乱れ、ふらつきが起こりやすくなります。
  • 睡眠不足:睡眠不足は、自律神経のバランスを乱し、めまいやふらつきを引き起こすことがあります。
  • ストレス:ストレスは、自律神経のバランスを乱し、めまいやふらつきを引き起こすことがあります。
  • アルコールの過剰摂取:アルコールは、平衡感覚を司る小脳の機能を低下させるため、ふらつきを引き起こすことがあります。
  • 脱水:体内の水分が不足すると、血液の循環が悪くなり、めまいやふらつきが起こることがあります。

ふらつきの改善策

ふらつきの改善策は、その原因によって異なります。

耳の病気が原因の場合

  • 耳鼻咽喉科を受診し、適切な治療を受けることが大切です。
  • 良性発作性頭位めまい症(BPPV)の場合は、耳石を元の位置に戻すための「エプリー法」などの理学療法が有効です。
  • メニエール病の場合は、薬物療法や食事療法、生活習慣の改善などを行います。
  • 前庭神経炎の場合は、抗ウイルス薬やステロイド薬が処方されることがあります。

脳の病気が原因の場合

  • 脳神経外科や神経内科を受診し、適切な治療を受けることが大切です。
  • 脳梗塞や脳出血の場合は、早期の治療が重要です。
  • 脳腫瘍の場合は、手術や放射線治療、化学療法などが行われることがあります。

その他の病気が原因の場合

  • 原因疾患に対する治療を行います。

その他の原因

  • 過労や睡眠不足の場合は、十分な休息と睡眠をとるようにしましょう。
  • ストレスを溜めないように、リラックスできる時間を作る、趣味を楽しむなど、ストレスを解消する工夫をしましょう。
  • アルコールの過剰摂取を避け、水分補給をしっかり行いましょう。

日常生活での注意点

ふらつきを予防・改善するためには、以下の点に注意しましょう。

  • 規則正しい生活:十分な睡眠、バランスの取れた食事、適度な運動は、自律神経のバランスを整え、ふらつきを予防するのに役立ちます。
  • ストレスを溜めない:リラックスできる時間を作る、趣味を楽しむなど、ストレスを解消する工夫をしましょう。
  • アルコールを控える:アルコールは、平衡感覚を司る小脳の機能を低下させるため、飲み過ぎには注意しましょう。
  • 水分補給をしっかり行う:脱水は、めまいやふらつきの原因となるため、こまめな水分補給を心がけましょう。
  • 転倒に注意する:ふらつきがある場合は、転倒しないように注意しましょう。手すりや杖を使用することも有効です。
  • 定期的な健康診断:ふらつきの原因となる病気を早期発見・早期治療するために、定期的な健康診断を受けましょう。

当院では、ふらつきの原因を特定し、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。