【公式】整骨院SAPIENS(サピエンス)│総持寺駅徒歩2分 大阪府茨木市総持寺駅前町11-11

ホーム │

「滑液包炎」とは?その原因と症状、改善策を徹底解説!

関節周辺に腫れや熱感、痛みを感じていませんか?それは、「滑液包炎(かつえきほうえん)」かもしれません。滑液包炎は、関節の周りにある滑液包という小さな袋に炎症が起こることで、日常生活に支障をきたすことがあります。

今回は、滑液包炎について詳しく解説し、その原因、症状、そして改善策をご紹介します。意外と知られていない滑液包炎、一緒に正しい知識を身につけ、辛い症状から解放されましょう。

滑液包炎とは?

滑液包炎とは、関節の周りにある「滑液包(かつえきほう)」という小さな袋に炎症が起こる疾患です。滑液包は、関節の動きをスムーズにするための潤滑油のような役割を果たしており、関節の摩擦を軽減しています。

しかし、スポーツや繰り返しの動作、外傷などによって、滑液包に過剰な負担がかかると、炎症を起こしやすくなります。滑液包炎は、肩、肘、膝、股関節など、全身の関節に起こり得ます。

滑液包炎の症状

滑液包炎の症状は、炎症の程度や部位によって異なりますが、代表的な症状は以下の通りです。

  • 関節周辺の痛み:炎症を起こしている滑液包のある関節周辺に痛みを感じます。
  • 腫れ:炎症によって、滑液包が腫れることがあります。
  • 熱感:炎症によって、患部が熱を持つことがあります。
  • 発赤:炎症によって、皮膚が赤くなることがあります。
  • 運動制限:痛みのために、関節の動きが悪くなることがあります。

これらの症状は、日常生活やスポーツ活動に支障をきたすだけでなく、放置すると症状が悪化し、慢性的な痛みに悩まされる可能性があります。

滑液包炎の原因

滑液包炎は、様々な要因が複雑に絡み合って発症すると考えられていますが、主な原因は以下の通りです。

スポーツや繰り返しの動作

  • 野球の投球動作:肩や肘の滑液包炎の原因となります。
  • テニスやゴルフのスイング:肘の滑液包炎の原因となります。
  • ランニングやジャンプ:膝や足関節の滑液包炎の原因となります。
  • デスクワークやパソコン作業:手首や指の滑液包炎の原因となります。

外傷

  • 転倒や打撲:関節を強打することで、滑液包が損傷し、炎症を起こすことがあります。

感染症

  • 細菌感染:細菌感染によって、滑液包に炎症が起こることがあります。

その他

  • 関節リウマチ:関節リウマチは、全身の関節に炎症が起こる病気で、滑液包炎を合併することがあります。
  • 痛風:尿酸が関節に沈着することで炎症が起こる病気で、滑液包炎を合併することがあります。

滑液包炎の種類

滑液包炎は、炎症が起こる滑液包の部位によって、いくつかの種類に分けられます。

  • 肩峰下滑液包炎:肩の関節の上にある滑液包に炎症が起こるもので、四十肩・五十肩の原因の一つです。
  • 肘頭滑液包炎:肘の先端にある滑液包に炎症が起こるものです。
  • 膝蓋骨前滑液包炎:膝のお皿の前にある滑液包に炎症が起こるものです。
  • 鵞足炎:膝の内側下部にある鵞足(がそく)と呼ばれる部分の滑液包に炎症が起こるものです。
  • アキレス腱周囲滑液包炎:アキレス腱の周囲にある滑液包に炎症が起こるものです。

滑液包炎の診断

滑液包炎は、以下の方法で診断されます。

  • 問診:医師が、痛みの場所や程度、発症時期、誘発因子などを詳しく聞きます。
  • 視診・触診:医師が、滑液包の腫れや熱感、圧痛などを確認します。
  • 画像検査:X線検査やMRI検査、超音波検査などを行い、滑液包炎の程度や他の疾患との鑑別を行います。
  • 血液検査:感染症が疑われる場合に、血液検査が行われることがあります。

滑液包炎の改善策

滑液包炎の治療法は、症状の程度や原因によって異なりますが、主な改善策は以下の通りです。

保存療法

  • 安静:炎症を起こしている関節を安静にすることが大切です。
  • 冷却:炎症が強い場合は、アイシングなどで患部を冷やすことで、痛みや腫れを抑えることができます。
  • 圧迫:弾性包帯などで患部を圧迫することで、腫れを抑えることができます。
  • 薬物療法:痛み止めや炎症を抑える薬が処方されることがあります。
  • リハビリテーション:理学療法士などの専門家による指導のもと、ストレッチや筋力トレーニングなどを行います。

その他の治療法

  • ステロイド注射:痛みが強い場合や、炎症が長引く場合は、滑液包内にステロイドを注射することがあります。
  • 穿刺吸引:滑液包内に溜まった液体を注射針で吸引する処置です。

日常生活での注意点

滑液包炎の予防や再発防止のためには、以下の点に注意しましょう。

  • 関節の使い過ぎに注意する:同じ動作を繰り返す場合は、こまめに休憩を取りましょう。
  • 適切なウォーミングアップとクールダウン:運動前には必ずウォーミングアップを行い、運動後にはクールダウンを行いましょう。
  • 適切な靴を選ぶ:クッション性の良い靴を選び、足や関節への負担を軽減しましょう。
  • 体重管理:体重が増えると関節への負担が増えるため、適正体重を維持しましょう。
  • 身体を冷やさない:冷えは、関節の痛みを悪化させることがあるため、身体を温める工夫をしましょう。

当院では、滑液包炎の原因を特定し、症状に合わせた適切な施術を行います。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。